NHKに「例のプール」登場か!? ネット大騒ぎ、スタジオ運営会社に聞いてみた

1月9日(水)21時6分 J-CASTニュース

ガッテン公式サイトより

写真を拡大

「いきなり"例のプール"が出てきてビックリした」「例のプールで撮影とは...NHKやりおるw」——。2019年1月9日の情報番組「ガッテン!」(NHK総合)が放送されると、ツイッターが一時パニックとなった。

「例のプール」とは、都内にある貸しスタジオの一室で、さまざまな映像作品で使われている。また、特徴的な見た目のため識別が容易く、特集本まで出版されている。はたして、本当に「例のプール」が使われていたのか......。プールの運営元に聞いてみた。



番組のテーマは「脈拍」



ニュース番組「NHKニュース7」が終わった直後だった。「ガッテン」の冒頭で若い水着姿の女性2人が登場し、ハニカミながら「せーの、ガッテン!」と口にする。だが、視聴者の目は背景にくぎ付けだった。



ツイッターでは、ロケ地は「あのプール」なのではとの指摘が相次ぎ、「例のプール」がトレンド入り。タイムラインはプールで溢れた。


この日の番組のテーマは「脈拍」。脈拍数を低下させる方法の一つとして、水に潜る「潜水反射」が紹介された。番組終盤では、プールに女性たちが潜り、実演する様子が映し出された。



さて、今回「ガッテン」がロケを行ったのは、本当に「例のプール」だったのか。J-CASTニュースが9日、貸しスタジオの運営企業に聞くと、「お客様情報なので開示できない」との回答だった。



ちなみに「例のプール」の所有者はかつて、俳優の石坂浩二さん(77)だったのではないかという都市伝説が広まっていたが、石坂さんは16年4月7日の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)で、映画監督の市川崑さん(享年92)の自宅だったことを明かし、自分はその下の階に住んでいたと説明していた。

J-CASTニュース

「プール」をもっと詳しく

「プール」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ