岡田義徳と田畑智子 6年目のゴールまでにあった2つの事件

1月9日(火)19時0分 女性自身

女性自身[光文社女性週刊誌]

写真を拡大


1月9日、岡田義徳(40)と田畑智子(37)が元日に結婚していたことを発表した。


かねてより交際が報じられてきた2人はマスコミ各社に連盟の直筆メッセージを送り、「お付き合いを始めてから約6年半、紆余曲折ありましたが」などとコメントしている。


2人の関係は紆余曲折どころか、“ジェットコースター”のように山あり谷ありだった。もともと2人の交際発覚は11年9月だったが、まずその前後で“ひと悶着”あったというのだ。


「交際発覚の直前、田畑はヘアヌード写真集を発売。そして翌年公開の映画『ふがいない僕は空を見た』では、激しい濡れ場を披露しました。京都・祇園の老舗料亭の娘として生まれた田畑さんですが、10年12月に30歳の誕生日を迎えて心機一転を目指して脱いだ。しかし岡田さんは猛反対。その時期から、破局と復縁をくりかえすようになったそうです」(2人をよく知るテレビ関係者)


そして、15年11月に岡田の自宅マンションで起こったのが“カボチャ事件”だった。


「カボチャを使っての調理中に田畑さんが左手首を切り、岡田の自宅マンションから搬送されたそうです。自殺未遂とのうわさも流れましたが、報道陣に対応した田畑は否定。その後も破局・復縁があり、岡田は昨年9月、20年以上所属した大手事務所から独立。今回、晴れてゴールインとなりました」(芸能デスク)


いろいろあった2人だが、果たして結婚生活は平穏に過ごせるのだろうか。

女性自身

「岡田義徳」をもっと詳しく

「岡田義徳」のニュース

BIGLOBE
トップへ