熱愛報道中にまさかの共演! 堀北真希、必死に否定する櫻井翔に微笑む余裕ぶり

1月9日(金)17時0分 メンズサイゾー

 昨年の夏、禁断のビックカップルとして熱愛が報じられた堀北真希(26)と櫻井翔(32)が、8日放送の『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)で共演し、大きな話題となっている。


 この日、堀北が出演することは、すでに予告されており、多くのファンが注目する中、スタートした同番組。冒頭では、櫻井とともにMCを務める有吉弘行(40)が、「いいんだっけ? 共演していいんだっけ?」とさっそくふたりの共演をイジるシーンもあり、ファンならずとも期待が高まる。ニヤニヤとした笑顔を浮かべる有吉は、部外者として、視聴者目線で共演を楽しみにしているようだった。


 そんな有吉に対して、櫻井は、「絶対それ聞かれると思ったんですけど、今回この話を聞いたとき、とことん危ない番組だなと思った」と苦笑い。しかし、どこかソワソワした様子にも見え、妙な緊張感がスタジオに漂っていた。続けて櫻井は、「最初に言っておきますけど、何もない」と断言し、「冷静に考えて(交際していると)したらこんな危ない状況ないでしょ!」と口を尖らせる。


 堀北が登場すると、櫻井は、改めて交際報道について触れ、「なんもない」と念を押す。番組では、堀北のことを「櫻井翔 噂のお相手」と紹介するなど、ふたりの交際をネタにしており、何度も交際を否定する櫻井。堀北は、そんな櫻井を静かに微笑みながら見つめているだけで、自ら熱愛のウワサについて多くを語ることはなかった。その後、VTRでふたりの出会いなどが紹介されたが、互いにドラマの共演者以上の関係はないとアピール。ようやくテーマが移ると普通にトークを展開し、番組で用意した心理テストを楽しむ様子を披露した。冒頭では、何度も座り直すなど、動揺していたようにも見えた櫻井だが、終盤には普段の姿を取り戻しており、単に交際報道を意識しすぎたため、落ち着かなかっただけなのかもしれない。


 しかしネット上では、交際を否定したふたりに対して、「かえって怪しい」「むしろガチ」なのではないかという声が上がっている。普通に考えれば、櫻井のいうように、熱愛報道のあったふたりが共演したとなれば、交際を全否定することになるだろう。だが、番組では、ふたりの関係を煽るような演出がなされており、それを見たネットユーザーたちは、「スポーツ紙の報道をわざわざそこまで強調する必要ない」と怪しんでいる様子。視聴者の中には、今回初めて交際報道を知った人々も多くいたようで、「逆効果だったのでは」という声もある。それぞれのファンの間では、「ここまで否定するなら熱愛はガセだったのね」「安心した」という意見もあるようだが、多くの視聴者は渦中のふたりに対して改めて疑惑の目を向けたようだ。


「昨年7月に東京スポーツが報じた堀北さんと櫻井さんの熱愛ですが、その後、続報はなく、一部からは、そもそも関係などなかったのではという声もあります。今回の番組共演で交際は完全に否定されたといえるでしょう。ネット上には、"怪しい"といった向きもあるようですが、本当に付き合っているのであれば、すでに沈静化しつつある報道を蒸し返すようなマネはしないでしょう。


 かつて、堀北の事務所と櫻井のジャニーズの間には、それぞれに所属する、黒木メイサと赤西仁(現在は退所)の"無断デキ婚"という不祥事を起こしています。同じことの繰り返しだけは避けたい双方の事務所が、ふたりを共演させたのは、今後も含めて交際は許さないと釘を刺すためだったのかもしれませんね」(芸能関係者)


 これまで一部メディアで「結婚間近か!?」と報じられ、何年も前から、夜の街でふたりを見かけたという情報も伝えられている。熱愛の事実はないとしても、やはりふたりの関係は"ただの共演者"ではないのかもしれない。


 番組中、堀北は誰よりも堂々とした態度で、普段と変わらぬ笑顔を見せていた。もし交際が本当だとしたら、女優として最高の演技を見せたことになりそうだが...。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

熱愛をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ