注目ワードママレード・ボーイ・実写 NASA・地球 僕たちがやりました・窪田正孝 自転車事故・事故で自動車運転免許が停止 上原多香子・不倫 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

インディーズながらオリコン1位の快挙! アイドルシーンの真ん中に躍り出た『仮面女子』の人気と実力は本物か?

メンズサイゾー1月9日(金)19時30分
画像:インディーズながらオリコン1位の快挙! アイドルシーンの真ん中に躍り出た『仮面女子』の人気と実力は本物か?
写真を拡大

 アイドル・グループ戦国時代と呼ばれる昨今、「ポストAKB」「ポストももクロ」の座を巡って、依然、シーンはしのぎを削っているのが実情だが、そんな中、一気にそのポジションに躍り出たと言えるのが『仮面女子』だ。先だって、元日に発売された3rdシングル『元気種☆』はインディーズ・レーベルからのリリースながら予約枚数と販売枚数の合計が13万枚を超え、インディーズ女性アーティストとしては初のオリコンウィークリーチャートで1位を記録。新年早々、アイドル・グループ界の台風の目として、俄然注目を集めることになったわけだが、はたして、その人気と実力は本物なのだろうか?


「"最強の地下アイドル"をコンセプトに、ジェイソンマスクがトレード・マークの『アリス十番』、ガスマスクの『スチームガールズ』、鉄仮面の『アーマーガールズ』の3つの仮面ユニットからなるアイドル・グループです。爽やかなアイドル・ソングと重厚なメタル・サウンドの融合という独特の音楽スタイルに加え、ライブ中、メンバーが次々にステージからオーディエンスに向かってダイブしたり、ファンがかつぐゴムボートの上に乗って客席を回るなどの大胆パフォーマンスで話題を呼び、着実に動員を増加させてきました。今年11月23日にはさいたまスーパーアリーナでの単独公演も決定済みで、AKBやももクロに最も近い位置にいる新進アイドル・グループと言っても過言じゃないでしょう」(アイドル誌編集者)


 1月7日からは、インディーズ・アイドルとしては前代未聞の地上波の冠番組『仮面女子のやっぱ全力だね〜!』(テレビ東京系)もスタートし、文字どおり、その勢いはとどまるところを知らない。アイドル事情に詳しいライターの織田祐二氏にも聞いてみた。 


「AKBを超えられるかは目下のところ微妙ですが、『でんぱ組.inc』のようなドメスティックな独自路線で、唯一無二の存在のグループとしてさらなる飛躍は期待できるはずです。ただ、インディーズ・レーベルのCDを17万枚以上も売り上げてしまうのは驚異的というしかない。これで仮に、流通のしっかりしたメジャー・レーベルに移籍したら、どこまで売り上げを伸ばすのかは興味あるところですね。余談ながら、過去5年間でシングルの1位をなぜか一度しか取っていない『ももいろクローバーZ』と比較してみるのも一興かも。今月末にリリースされる、アメリカの人気ハード・ロック・バンドのKISSとのコラボ・シングルが何位になるのか注目したいところです」


 さらに、彼女らの活動で興味深いのが、グラビアでも人気の巨乳娘・神谷えりな(23・Gカップ/スチームガールズ)と天木じゅん(19・Iカップ/アーマーガールズ)の存在だろう。前述の番組でも早速、スク水姿で入浴するふたりをフィーチャーし(実に、正味25分の番組中7分間も!)、グラビア好き、巨乳好きの視聴者にも抜け目なくしっかり対応している点が印象的だった。


「スク水と鼻栓をして全力で入浴、シンクロナイズドならぬシンフロナイズドというバカバカしい企画でしたが、深夜の企画という意味では見応え十分の内容でしたね。後半、激セマの浴槽にふたりで入浴し、後ろから相手の胸を触りあうという場面は、ケーブルテレビのお色気チャンネル顔負けのエッチな展開で、多くの深夜族が画面に釘付けになったはず。"GIコンビ"のコーナーは定番化していくようなので、彼女らの音楽には興味ないという人にも(笑)、オススメです」(織田氏)


 番組のトーク・コーナーでは、グループ・アイドルの番組ではおなじみになっているお笑い芸人をMCに起用するということはせず、グループのリーダーの桜のどか(24/アリス十番)がMCとして仕切っているのも好印象と言えた。単に予算の関係と言われてしまえばそれまでだが...。総合的に見れば、音楽・グラビア・トークと幅広いジャンルに対応できるのが『仮面女子』であり、新人グループとして目下のところ死角らしい死角はないようにも思えるが、8日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で"事務所社長のメンバーへの性接待"や"過去の出演番組におけるヤラセ"などの疑惑に関する記事が掲載される事態に...。


「事務所社長は全面否定ということで、もうしばらく静観の必要がありそう。一部では、ほかの事務所の働きかけによる陰謀の噂も浮上しており、その辺も含め、注視していきたいところです」(前出・アイドル誌編集者)


 ブレイク早々に大手週刊誌で記事になるというのも、見方を変えれば大物アイドル・グループの証か。なにはともあれ、2015年年明け早々、他のグループに先がけて、見事なスタートダッシュを切った彼女らの動向からは片時も目が離せない。
(文=ニイゼキユウジ)

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

関連ワード
仮面女子のまとめ写真 アイドルのまとめ写真

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「仮面女子」をもっと詳しく

注目ニュース
視聴者が置いてけぼり!「僕たちがやりました」はもう崩壊寸前か まいじつ8月22日(火)21時30分
(C)Shutterstock窪田正孝が主演する連続ドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)に対し、「ストーリーが破綻してついていけな…[ 記事全文 ]
もやし一本残すな!有吉ゼミの無茶な「大食い企画」に批判の声 まいじつ8月22日(火)10時55分
(C)まいじつ8月21日に放送されたバラエティー番組『有吉ゼミ』(日本テレビ系)での大食い企画が、視聴者から批判を浴びている。[ 記事全文 ]
上原多香子 自殺夫の遺書公開でも狙う新恋人との“妊娠”再婚 女性自身8月22日(火)0時0分
「記事が出て1週間がたった8月17日の夜、彼女が名古屋・中日劇場で出演していた舞台『音楽喜劇のど自慢上を向いて歩こう』のスタッフや出演者が…[ 記事全文 ]
「しくじり先生」最終回にベッキーへ出演オファー まいじつ8月22日(火)7時0分
(C)まいじつバラエティー番組『しくじり先生俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)が9月をもって終了することになった。[ 記事全文 ]
テレビ東京 前WBSキャスターがセクハラで番組降板 文春オンライン8月22日(火)16時0分
テレビ東京の報道番組「ゆうがたサテライト」キャスターの進藤隆富氏(41)が番組を降板していたことが「週刊文春」の取材で判明した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア