「くっせえ!」長女に連呼されるフジモン、またも木下優樹菜の育児に批判殺到

1月9日(土)13時0分 messy

家族でのラブラブ写真満載な、木下優樹菜Instagramより

写真を拡大

 子育て関連でその言動がなにかと炎上の火種となるタレント・木下優樹菜(28)。今度は、夫であるFUJIWARA・藤本敏史(45)との長女、莉々菜ちゃん(3)の言動が物議を醸している。

 問題となっているのは昨年12月24日放送『ニンゲン観察 モニタリング』(TBS系)における企画「長女 莉々菜ちゃんの初お留守番モニタリング」の内容。タイトル通り、莉々菜ちゃんが初めてのお留守番に挑戦するという企画だ。この序盤で藤本がお留守番で約束してほしいことなどを説明しているとき、莉々菜ちゃんが一言「くっせえ!」。藤本の口臭に対しての発言ではないかと思われる。藤本は「ちょっとやめて……」と莉々菜ちゃんに凹みながら訴えるも「くっせえ!」と連呼。それを見ていた木下がテーブルを叩きながら爆笑していた……という内容だ。結局、この企画において莉々菜ちゃんは藤本の言いつけを守ることはできなかった。

 この一部始終を受けてネット上では「カエルの子はカエル」「こんな下品なもんテレビでたれ流すなよ」「普段から木下が臭い臭い言うてんやろな」「そこは笑うところじゃなく叱るとこでしょ」など、木下に対して“母親のしつけがなってない”といった趣旨の批判が多く集まっている。一方、藤本には「まだ3歳の娘だろ? オレなら心折れるわ」など同情の声が寄せられている。



 とかく炎上の対象となりがちな木下、最近も、昨年11月に出産した第二子となる女児をにまつわるInstagram(インスタ)の投稿でその子育て方法に寄せられた“おせっかいコメント”にタグで応戦するという出来事があったばかりだ。藤本が日当りの良い場所に次女を寝かせて、その写真を撮ったと思われるものについては「新生児の日光浴は避けて」「せめて一カ月すぎてからだよ」などのコメントが寄せられる。これに対して木下は『#うちの窓は紫外線半分以上カットされてます#窓クローズ#安心してください#閉めてますよ』といったタグを追加したうえ「私の助産師さんたちとは、指導が逆なんですね」とリプライを飛ばすなど反応を示した。その数日後にはベビーカーで眠っている次女の写真をアップしたが「#まだ、外でない方がいいとかのコメントもうしつこいからね」など、もううんざりといった様子のタグが追加されている。

 今回もこうして木下の子育てに疑問を呈する反応が多く見られたわけだが、しかしちょっと待ってほしい。ここまで父親も育児に積極的に携わっている藤本家においてまで、一方的に「母親のしつけ」への糾弾ばかり並ぶのは不自然だ。夫婦が一緒になってふたりの子どもを育てている以上、木下だけがしつけをしているわけではない。例えば藤本が長女の言葉遣いを直していきたいと思っているならば「くっせえ!」と反応された時点で「『くさい』でしょ!」と返すなど、対応がある。しかし藤本はただ凹んでいるだけだった。

 夜泣きに対応して空が明るくなるまでリビングであやし続けたこともある娘から「くっせえ!」とキツイ言葉を浴びせられる藤本は気の毒であるが、著書やインタビューにしろ、Instagramやブログにしろ、木下が発信する情報での家族仲はすこぶる良好に見える。“理想的な家庭像”に即せば、『子供が父親をバカにしたら母親が叱る』『そもそも子供が「くっせえ!」などと言わない』のだろうが、藤本・木下の家庭においては「パパはくさい、けど大好き」という了解があるのではないだろうか。

(炎上ウォッチャー京子)

messy

この記事が気に入ったらいいね!しよう

木下優樹菜をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ