『西郷どん』初回15.4% BSは『真田丸』『直虎』超え4.9%

1月9日(火)14時19分 マイナビニュース

俳優・鈴木亮平が主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 NHK総合20:00〜20:45 BSプレミアム18:00〜18:45 ※初回は60分拡大)の第1話が7日に放送され、初回平均視聴率が関東で15.4%、関西で19.8%だったことが9日、明らかになった(ビデオリサーチ調べ)。

鈴木亮平

前作『おんな城主 直虎』の初回16.9%を下回り、歴代では1989年『春日局』に次ぐワースト2位(関東地区)。一方でBSプレミアムでは4.9%と、『おんな城主 直虎』の4.3%、『真田丸』の3.3%を超える好スタートを切った(関東地区)。

放送開始にあたり、制作統括の櫻井賢氏は「多くの皆さんに"元気と勇気と笑いと感動"をお届けできるよう、熱気あふれる撮影現場で今日もスタッフ・キャスト一丸となり奮闘しています。皆さまにとっても、『西郷どん』にとっても、実り多き良き一年となりますことを、心より祈っております」とコメントを寄せている。

大河ドラマ57作目となる本作は、林真理子の小説『西郷どん!』を原作に、中園ミホの脚本で西郷隆盛の波乱に満ちた生涯を描く。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

西郷どんをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ