中村蒼、大地真央に驚き「住む世界が違う」三島由紀夫怪作に挑む

1月9日(火)16時59分 マイナビニュース

俳優の中村蒼が9日、BSジャパンBSジャパンの新ドラマ『命売ります』(2018年1月スタート 毎週土曜21:00〜)の記者会見に、前田旺志郎、YOU、田口浩正、田中泯、和嶋慎治(人間椅子)とともに登場した。

同作は、三島由紀夫の小説を初の実写化。昨年「隠れた怪作小説発見」と銘打たれ重版が進み、30代〜50代を中心に28万部という異例の大ヒットを記録した。広告代理店に勤め、経歴、収入など何不自由ない生活を送る山田羽仁男(中村)は、突然自殺を決行したが失敗し、「命を売る」ビジネスをスタートさせる。

毎日が平坦で生に執着する気持ちがまったくない「羽仁男」というキャラクターに、中村は最初戸惑ったというが、「回を増すごとに愛せるようになってきました」と語る。 YOUは「台本をいつも移動中に覚えさせてもらったりするんですけど、今回の台本の"命"が赤くてめっちゃでかく書いてある」と明かし、「人前で出しにくくて」と笑わせた。

また、田中は「19歳だったか、クラシックバレエの稽古をしている時に、母屋の方から三島が市ヶ谷で演説やってると聞いて、それをライブで夢中で聞いていたのを思い出しました」としみじみと振り返る。OPでは舞踊も披露したが、「8回か9回踊って、1回1回が10分以上ですから。それをあれだけの短い時間に詰めるのは驚きに近い。ほんのくしゃみ1回分くらいしかない」と編集について語り、中村も「ぜいたくですよね」と苦笑していた。

中村は、大地真央がゲストに来た時のエピソードを披露。中村は「住む世界が僕と全然違う人なので。どういう会話が成り立つのかなと思った」と撮影時を思い出し、ロケ地に牛丼屋があったことから「大地さんに『牛丼屋入ったことありますか?』と聞いたらないって。駄菓子も名前すら知らなかったり」と大地の浮世離れした生活を覗かせる会話の内容を明かす。

前田も「僕たちが当たり前のように飲むジュースも知らなくて、僕は高校生でたくさんジュースを飲むので、『知らない人もいるんだ』と思った」と驚いた様子。中村は「僕の想像してた通りの大地さんだったので嬉しかったです」と笑顔を見せた。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中村蒼をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ