石原さとみ“食べ方”絶賛される 井浦新が熱弁「素晴らしい」<アンナチュラル>

1月9日(火)20時0分 モデルプレス

石原さとみ(C)モデルプレス

写真を拡大

石原さとみ/モデルプレス=1月9日】女優の石原さとみが9日、都内にて行われたTBS系新金曜ドラマ『アンナチュラル』(毎週金曜よる10時〜、1月12日スタート※初回15分拡大)制作発表会見に共演の井浦新窪田正孝市川実日子松重豊、脚本家の野木亜紀子氏らとともに登壇した。

◆石原さとみ“食べ方”絶賛される

今作の舞台は、日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」。主演の石原が日本に170名ほどしか登録がない“法医解剖医”の三澄ミコトを演じ、今ノリに乗っている女性スタッフたちを中心に1話完結の法医学ミステリーを展開する。

1話の感想を聞かれた井浦は「ミコトが淡々と食べるシーン」が印象に残っているといい、「台詞が乗っかってくるわけではないんですけど、その姿がドラマのテーマでもある“生きる”ということを表していて、そこにいたく感動してしまって。さとみさんの食べ方もすごい素晴らしい食べ方をしていて、余計なことをせず黙々と食べる姿が生々しくて、リアルに生きるということが食べ方から伝わってくる。素晴らしい食べ方をしています」と熱弁。

これに、石原は照れ笑いを浮かべながらも「ありがとうございます」と感謝し、「トップシーンは納豆巻から天丼に変わりました。朝一の撮影だったんですけど、納豆巻より大口開ける感じがいいなと。あとは最後のシーンにも増えてました」と裏話を披露。井浦は「食べるシーンは見ものです。このドラマの中では、ずっとミコトは食べるんだろうなって。楽しみにしています」とアピールしていた。

◆新ドラマ『アンナチュラル』は“当て書き”

また、今回演じるミコトは当て書き。野木氏は「最近は女の子っぽい役が多かったですが、会うとくだけたさばけたところがあるので、そういうところを見せられるんじゃないかなと」と明かし、「ヘアメイクもご自分でやられていますが、最近のドラマの中ではナチュラルなメイク。それでも画面の中では輝いている。情感豊かに演じてくださっていて、元々の台本より厚みのあるキャラクターになりました」とコメント。

石原は「初めての本読みでクールにやったら『違います。もっと穏やかな人です』と言われて、私ってどういう人なんだろう?もっと演じなくていいんだって」と肩の力が抜けたようで、「本当に台詞が面白いです。普通のフランクな会話が最終回まで繋がるんじゃないかと思うくらい一つ一つの台詞が重要であり面白いので、そこに注目して楽しんでいただけたらと思います」「ドラマ好き、ミステリー好きには喜んでもらえるんじゃないかなと思います」と自信をチラリ。

さらに、松重が「(1話の)完パケをもらったんですけど、観る習慣がないものですから、『スター・ウォーズ』を観に行ったんですよ。でも観た方いいなと思って観たら、『スター・ウォーズより面白いな』と。エピソード9は、野木さんに書いてもらって塚原(あゆ子)さんが監督したら面白いんじゃないかなと。僕らがどこかの惑星でって、そういう展開を考えていました」と絶賛すると、野木氏が「全国の『スター・ウォーズ』ファンに殺される発言は控えていただきたいなと思います」とつっこみ、会場が笑いに包まれる場面もあった。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石原さとみをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ