哀川翔の娘・福地桃子、晴れ着で新成人の抱負 家族とのエピソードも

1月9日(火)14時59分 モデルプレス

福地桃子(写真提供:所属事務所)

写真を拡大

福地桃子/モデルプレス=1月9日】俳優の哀川翔の娘の新人女優・福地桃子が8日、都内で晴れ着姿を披露した。

今年新成人となった福地は、成人の日を迎え、今後挑戦してみたい仕事について「色んなイメージを持ってもらえるような女優さんになりたいです。普段は経験できないような事をお芝居を通して経験したいです。近い目標でもあり、遠い目標でもあるのですが、人間ではない役にすごく興味があります!今後挑戦できるように頑張ります」と意気込み十分。

福地自身は、10月に20歳の誕生日を迎えているが「大人になったと実感したことや変化したことは?」という問いには、幼馴染とお酒を楽しんだエピソードをあげ「不思議で不思議で…でもすごく嬉しかったです。アルバムを振り返りながら、“こんなことしてたね〜。大人になったね〜。”と懐かし話を沢山しました」と感慨深げ。

さらに「昔から赤ちゃんや小さい子が大好きなのですが、今まではただただ可愛いという感情だけだったんです。でも最近は甥っ子や姪っ子の成長をみていて、ひとつひとつの行動にすごいなぁって感動するようになりました(笑)」と変化を明かした。

◆福地桃子が挑戦してみたいこと

20歳を機にプライベートで挑戦したことや、今後挑戦してみたいことは「この前、いつも行っているお店に家族で行き、感謝の気持ちを込めて家族に初めてお食事をご馳走しました。あんまり慣れていないので、お支払いの時、ドヤ顔で格好つけちゃいました(笑)今後は、わんこそばや、一人旅にも挑戦してみたいです!」と家族とのエピソードを交えつつ回答。

福地は、2018年に初主演の長編映画「あまのがわ」の公開が控えるなど、女優として躍進中。また20歳を機に、Instagramをスタートした。(modelpress編集部)

■福地桃子プロフィール

2016年、テレビ東京10月期土曜ドラマ「潜入捜査アイドル・刑事ダンス」にて女優デビュー。その後、哀川翔の娘であることを公表し、5月にバラエティ親子初共演を果たす。親子共演は大きな話題となり、その後もオファーが殺到し、一気に認知度を高める。

女優としてもオーディションで2018年公開予定の長編映画「あまのがわ」で主演が決定するなど躍進しており、今後の活躍が期待される。20歳を機にスタートさせたInstagramでは、普段見ることができない私服など福地のプライベートを垣間見ることができ、ファンが増加中。

【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

福地桃子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ