芸能界「eスポーツ」初代王者はゴールデンボンバー・歌広場淳率いる「Scuderia Euclid」に決定 グラドル軍団「グラチアeスポーツ部」の健闘及ばず

1月9日(火)18時0分 オリコン

『第一回 eスポーツ スターバトル チャンピオンシップ』の模様。

写真を拡大

 芸能人チーム対抗戦による初のeスポーツイベント『第一回 eスポーツ スターバトル チャンピオンシップ』が8日、東京・TFTホール500で開催された。初代王者には、ゴールデンボンバー・歌広場淳率いる「Scuderia Euclid」が輝いた。

 全世界の競技人口は最低でも1億人を超えると言われ、オリンピック種目への採用を目指す動きも現れている、“コンピューターゲームやテレビゲームで行われる対戦型ゲーム競技”eスポーツ。このeスポーツを日本国内でも盛り上げるべく開催された『第一回 eスポーツ スターバトル チャンピオンシップ』。大会当日は300名を超える観客が来場する盛り上がりを見せた。

 同大会は芸能人によるチーム対抗戦。ゴールデンボンバー・喜矢武豊、ゴールデンボンバー・歌広場淳、ぞんび・青井ミドリ、THE SIXTH LIE・Reijiの「Scuderia Euclid」、アメリカザリガニ、なすなかにし、セバスチャン、南国バカンス・マンゴー北川、増田みなみの「e-shochiku」、矢口真里、アップアップガールズ(仮)・古川小夏、アップアップガールズ(仮)・新井愛瞳、LoVendoЯ・宮澤茉凛の「UP-FRONT esports club」、倉持由香、吉田早希、野々宮ミカ、片岡沙耶、大貫彩香、小島みゆ、水沢柚乃の「グラチアeスポーツ部」の4チームが参戦。いずれ劣らぬゲーム好きタレントによる真剣勝負が繰り広げられた。

 第1試合の「ウイニングイレブン 2018」では、「e-shochiku」マンゴー北川が「Scuderia Euclid」喜矢武豊との決勝を2-0で制し勝利。続く第2試合の「ぷよぷよTMテトリス(R)」決勝では、「グラチアeスポーツ部」片岡沙耶が「UP-FRONT esports club」新井愛瞳にストレート勝ちで勝利。第3試合の「クラッシュ・ロワイヤル」決勝では、「グラチアeスポーツ部」吉田早希を「Scuderia Euclid」Reijiが圧倒し勝利。ここまでで、優勝の行方は最終戦まで分からない展開に。

 最終・第4試合の「ストリートファイターV」では、特別ゲストにプロレスラーの蝶野正洋が登場し、会場のボルテージは最高潮に。格闘王が見守る中、優勝を決める大事な試合を制したのは、決勝で「グラチアeスポーツ部」倉持由香を下した「Scuderia Euclid」歌広場淳だった。優勝を決めた直後、歌広場淳はエキシビションマッチとして、プロゲーマー・DNG | 立川と対戦。1ゲームは取ったもののプロの壁は厚く2-1で敗北。歌広場淳は「一瞬でも勝てると思ったのが恥ずかしい、やっぱりプロは強かったです!」とプロのeスポーツ選手の実力を称えた。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

eスポーツをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ