『バイキング』の次はアンビリバボー! 2015年もさらに加速する青SHUN学園が語る新年の抱負

1月9日(金)23時30分 おたぽる

左から、伊達アキコ、原田真帆、SHUN。

写真を拡大

 お昼の情報番組『笑いと情報をとりホーダイ!バイキング』(フジテレビ系)のテーマ曲でもおなじみの福岡のロック系ユニット・青SHUN学園。2014年は、ご当地アイドルとして初となる日本青年館でのワンマンライブを成功させ、新人アーティストの登竜門「出れんの!?サマソニ!?」で1000組以上の応募者の中から選ばれ『SUMMER SONIC 2014』への出場も果たし、メジャーデビュー、海外公演と勢いが止まらなかった。今回はそんな青SHUN学園より、学園長(プロデューサー)のSHUN、生徒会長(リーダー)の原田真帆、女装メンバーの伊達アキコの3人に、2014年の振り返りと新年の抱負を聞いた。

■『バイキング』に引き続き、『アンビリバボー』のテーマソングを担当することに

——2014年は、どんな年でしたか?

SHUN まず、一昨年の年末から今年にかけて、全国クアトロツアー『全国で織りなすオーエーオー!!全国クワトロツアー』がありました。福岡から、広島、名古屋、大阪、東京、北海道と、主要都市を回りまして、1月25日に日本青年館で1000人を動員した「日本青年館で織りなすオーエーオー!!ワンマンライブ」を行いました。それで、4月1日にフジテレビの『笑いと情報をとりホーダイ!バイキング』のテーマソングを担当させていただくことになって、その後の4月6日の日本青年館での2回目のワンマンライブ『リベンジ!日本青年館で織り成すオーエーオー!!ワンマンライブ〜日本一の景色を目指して〜』は、人をあまり集客出来なかったので、ノーコメントで(笑)。

伊達アキコ(以下、伊達) それは(記事に)使われちゃいますよ(笑)!?

SHUN それはそれで面白いし(笑)。でも、すごくいいライブだったんですよ。で、その後、SUMMER SONIC 2014に出演して、8月19日にメジャーデビューシングル「ツインテール〜I love youをありがとう〜」をリリースしました。で、9月に「Tokyo Crazy Kawaii in Taipei」、11月に「Little Tokyo Crazy Kawaii in Taipei」という日本のポップカルチャーイベントが台湾で行われ、初の海外公演を行いました。そして、11月29日に放送された、テレビ東京系の旅番組『海外芸能人ニッポンPR旅〜一度はおいで!昇龍道〜』のテーマソングを歌わせていただいて。今年の話まで突っ込んで話すと、今年の1月〜3月で、『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系)のテーマソングを担当することになりました。これを踏まえて、みんなで話しましょう。

原田真帆(以下、原田) 2014年を振り返えると、この1年は本当にいろいろなステージに出させていただいて、本当にたくさんライブをやらせていただいた1年になりました。そして、自分としても、すごくたくさんのステージを踏んで、成長することもできましたし、いろいろな人に出会えた1年だったと思います。

SHUN 人数的にも、(日本青年館の)ワンマンライブの1000人というのも大きかったし。また、雑誌の『CanCam』さんにも載せていただいたりとか、今まで全然知らなかった関係者に会う機会も多かったです。そういうお客さんや関係者さんとの出会いが、2015年に繋がっていく糧になったかな......という感じですね。

伊達 2014年を振り返って思うのは、台湾に行ったこともそうですし、『バイキング』のテーマソングにも決まって、一般の人に青SHUN学園の曲を聴いてもらえる機会が増えてうれしかったですね。あと、『奇跡体験!アンビリバボー』のテーマソングも決まりました。今までアイドルというカテゴリーの中でたくさんの人に知ってもらえたかと思いますが、それをちょっとずつ一般の方というか、もっとたくさんの人に知ってもらえる機会をいただけた年になったのかなと、伊達アキコは思います。

SHUN 個人的なものを半分含めてですけど、楽曲提供させてもらう機会、今回の『バイキング』もそうですし、今年の『奇跡体験!アンビリバボー』もそうですし、旅番組もそうですし、後はメジャーデビューしていくユニットさんに楽曲を提供したりというのがとてもよかったなと思ってますね。また、映画『アルプス女学園』にもメンバーが出演させてもらっていて、"彼氏"役という......。

伊達 めっちゃ複雑なんですけど、伊達アキコが男の子になって"AKIRA"として出演させていただきました。

SHUN この映画には、ほかにも女の子たちが出演していますが、"最初にアイドル"という強みは、"卵だから何でも経験できる"というのがミソだと思っていて。女優からアイドルになる人はあまりいないですが、アイドルが女優になることはできると思うし、モデルの仕事もできるし、しゃべりの仕事もできるので、そういう機会を得たことがとてもいい機会だと思いました。『アルプス女学園』では、劇中音楽を自分がほぼやらせていただいたりとか。そういう機会もあって、メンバー個人を飛躍させた年になったんじゃないかと思っています。

■SHUNの目標は"脱・青SHUN学園"!?

——では、今年の抱負を教えてください。

原田 青SHUN学園に、新しく研修生が3名入ってきたことにより、新しい風も吹いてくると思いますし、私たち正規メンバーも毎日すごく刺激を受けているので、先輩としてしっかり背中を見せたり、アドバイスをしていけたらいいな。研修生メンバーにももっと前にも出て行ってほしいと思いますし、チームとして2014年とは違う青SHUN学園の新しい色を出していきたいです。私自身も、2014年のいろいろな課題というか、まだ生徒会長としてできていない部分もあるので、そこもあらためていきたいと思います。

SHUN 2015年に20歳になるんだよね。

伊達 お〜、20歳だよ〜。

SHUN・伊達 酒が飲める、酒が飲める、酒が飲めるぞ〜♪

原田 そういう話って、してもいいんですか!?

SHUN だって、ねぇ?

——飲んでみたいお酒はありますか?

原田 よく聞くお酒で、"カシオレ"ってありません?

SHUN カシスオレンジね。

伊達 初心者用ね。

原田 初心者用なんですか!?

SHUN カシオレとかスクリュードライバーとか、あの、女の子をちょっとほろ酔いさせるためのヤツ。

伊達 あ〜ダメなヤツだ〜。

原田 何を言ってるの、伊達ちゃん!?

SHUN オカマじゃないの!?

——そんな伊達さんの、今年の抱負を教えてください。

伊達 2015年は、もっと音楽というものを存分に出していきたいです。今まではバラエティに富んだところもありましたし、SHUNさんが思いっきりお客さんを巻き込んで盛り上げたり、女子部のかわいいところがあったりしたんですけど、今後は純粋に音楽というのを楽しんでほしくて。聞いたら自然と口ずさんでしまうという、そういう青SHUN学園になれたらいいなと思います。

SHUN バ〜イキング〜♪......とかね。

伊達 それももちろんですけど、まだ知られていない曲をもっともっと知ってほしいです。

SHUN 一番知ってほしい曲は何?

伊達 やっぱり「男の娘の純情」という曲。「オカマ〜オカマ〜♪」ってサビの曲なんですけど......って、嘘です(笑)。【編注:"オカマ〜オカマ〜♪"と歌う「男の娘の純情」という曲は本当にある。】

SHUN ......じゃぁ、言うなよ(笑)。もっといろんな曲を知って欲しいですね。

——最後に、SHUNさんの今年の抱負を教えてください。

SHUN 青SHUN学園のことは2人が言ってくれたので、僕は"脱・青SHUN学園"です。青SHUN学園としてやってきて、5年目に入りますが、紆余曲折を繰り返して今の自分たちがいまして、そこから進化しなければいけないというところを考え、アーティスティックな部分もしっかりと見せることができたらいいなと思います。

——それは、SHUNさんが青SHUN学園を卒業するということですか?

SHUN 卒業するというのではなく、"青SHUN学園です"ってときは出ますし、SHUNとしての活動も、"SHUN with"なのか"SHUN"としてなのかわからないですけど、そういう部分でのアプローチをしていけたらなと。どれだけの波紋が広がるかわからないですけど。それができる状況になるということは、この子たちに青SHUN学園を「じゃ、よろしく」と任せる力がついているということなので、そういう2015年にたどり着けたら、今年は成功なんじゃないかと思います。

——生徒会長の原田さんは、しっかりしないとダメですね。

原田 今ここで初めて知ったので、すごく責任重大なんですけど、やっぱりみんなで力を合わせてやっていきたいと思います。

——ありがとうございました!
(写真・文/桜井飛鳥)

■青SHUN学園公式サイト
http://seishun-gakuen.com/

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

バイキングをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ