注目ワード額賀福志郎・韓国 上原多香子・不倫 清原和博・ひと言 リトルリーグ・本塁打強奪 中国・メディア 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「落語演らない落語家」だった笑福亭鶴瓶 今は百席のノルマ

NEWSポストセブン1月9日(月)16時0分

広瀬和生氏は1960年生まれ、東京大学工学部卒。音楽誌『BURRN!』編集長。30年来の落語ファンで、年間350回以上の落語会、1500席以上の高座に接する。その広瀬氏が、長年「落語を演らない落語家」だったと評するのが、笑福亭鶴瓶(つるべ)だ。


* * *

誰もが知ってる人気タレント、笑福亭鶴瓶。彼は落語家としての独演会も精力的に行なっている。自らに課したノルマは「年間百席の落語」。テレビ・ラジオで週八本のレギュラー番組を持っていることを考えると、この数字は凄い。


もっとも、彼がこれほど落語に積極的に取り組むようになったのは最近のこと。彼は長年「落語を演らない落語家」だった。


1951年生まれ、1972年に六代目笑福亭松鶴(故人)に入門。鶴瓶の「身近なネタを面白くしゃべる」才能はズバ抜けており、自分に起きた「事件」を語るフリートーク・ライヴのスタイルは、「鶴瓶噺」なるジャンルとして確立されているほどだ。


売れっ子タレントとして活躍する鶴瓶が落語を本格的に演り始めたのは2002年。きっかけは、春風亭小朝の強い勧めによるものだ。最初は小朝との二人会で演じた『子は鎹』。そして2004年からは小朝が主催する「東西落語研鑽会」において、『らくだ』『愛宕山』『立ち切れ線香』『死神』と、四年連続で古典の大ネタを披露している。いずれも小朝からリクエストされた演目だという。


上方落語において『らくだ』は「大ネタ中の大ネタ」ともいえる別格の噺で、六代目松鶴の十八番。これを手掛けるのは、鶴瓶にとって感慨深いものがあったに違いない。2007年には「鶴瓶のらくだ」なる全国ツアーを敢行、東京・歌舞伎座、大阪松竹座ほか日本各地の伝統ある劇場を廻って二万人の観客を動員した。


※週刊ポスト2012年1月13・20日号

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「ノルマ」をもっと詳しく

注目ニュース
上原多香子の“衝撃スキャンダル”で「想定外の収入」を得た人たちとは アサ芸プラス8月21日(月)17時59分
夫の遺族が公開した遺書により、芸能活動継続の危機に瀕している元SPEEDの上原多香子。[ 記事全文 ]
続々出演取り止め!宮迫博之に残された道は「自宅謹慎」 まいじつ8月21日(月)19時1分
(C)まいじつ『週刊文春』誌上でふたりの女性との不倫疑惑が報じられ、出演していた保険会社のCMがホームページから削除された上に「違約金10…[ 記事全文 ]
松田るか、スペインサッカーの女王目指す「どんどん楽しさを伝えていきたい」 オリコン8月21日(月)17時0分
現在、放送中の『仮面ライダーエグゼイド』(テレビ朝日)でヒロインの仮野明日那/ポッピーピポパポ役で出演する女優・松田るかがサッカー・スペイ…[ 記事全文 ]
読売1面〈首相「3選望まず」6割今の総裁任期まで〉の衝撃 NEWSポストセブン8月21日(月)7時0分
2018年9月の自民党総裁選で3選を果たし、2020年に自らの政権下で新憲法施行を果たすことは、安倍晋三首相の宿願だった。[ 記事全文 ]
NGT48北原里英、グループ卒業を発表 モデルプレス8月21日(月)19時19分
【北原里英/モデルプレス=8月21日】NGT48の北原里英が21日、自身のTwitterを更新しグループ卒業を発表した。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア