招致への渡英直前「五輪は『心のデフレ』解消する」と猪瀬氏

1月9日(水)7時0分 NEWSポストセブン

今回の五輪は「実際は『日本オリンピック』」と語る猪瀬知事

写真を拡大

 1月9日の今日「東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会」会長である猪瀬直樹東京都知事が、招致活動のため渡英する。招致に向けた意気込みや現地で行なう活動のポイントについて、ロンドン訪問を間近に控えた1月4日、仕事始めの猪瀬知事に話を聞いた。


 昨年は副知事としてロンドンオリンピックを視察しているが、今回のプロモーション活動にあたって、ヒントになるポイントはあったのだろうか。


「ロンドンは東京と同じく、成熟した都市。100年ほど前を考えてみても、夏目漱石が留学し、コナン・ドイルが描くシャーロック・ホームズが活躍していた時代が、容易に想像できる街です。これから成長して行く国では、変化すること自体に意味がある街というのもあるが、洗練され、落ち着いた、安定感のある街こそ、オリンピックに適しているという印象を受けましたね」(猪瀬知事・以下「 」内同)


 前回の2016年の招致活動を副知事として経験している点もあるが、取材当日に行なわれた会見でも語っている、長年続けているテニスや空手の有段者であるなど、自身のスポーツ体験があるからこその考えもあるという。


「2016年招致の際は、オリンピック開催都市として東京の環境基準の高さをアピールし、2009年コペンハーゲンで石原前知事がそのことをスピーチした際に、会場内から『ここは国連じゃないぞ』と声が上がった。オリンピックは世界のスポーツ人口増加に貢献するイベントであり、スポーツによって多くの利益が還元されることを伝えられなければ、アピールに繋がらないということです。


 自分自身65歳で東京マラソンに参加し、初マラソンで初完走を成し遂げることができました。スポーツは続けてきたが、走るのは嫌い、歩くのも嫌いで徒歩5分のテニスコートに行くのに、車で2分で通っていたほどです(笑い)。それが家の周りを300m走るところから始めて、1年で42.195kmを完走するまでになった。


 昨年11月20日の誕生日を前に免許証を更新して、新旧の免許写真を見比べてみると、5年前よりも今の方が若い。“これはフルマラソン効果だな”と、強く実感しました。65歳で初マラソン・初完走できるということは、リタイヤしてからもスポーツで若返ったり、より健康になれるということです。それはわかりやすく医療費の削減に繋がるといった、スポーツによる利益が社会に広く還元されるひとつの形でしょう。


 これまでも改革を続けてきましたが、434万票を得たリーダーとして、そして自分自身がスポーツマンである立場からもリーダーシップを発揮して、この招致活動を成功させたいと考えています」


 開催都市として海外からの評価も高く、国内の支持層も大きく広がっているが、事実と異なる認識などから未だにネガティブな層も存在している。


「オリンピックはワールドカップなどと違って、都市名が冠されることから『東京オリンピック』と呼ばれるが、宮城でのサッカー予選や聖火リレーが三陸を走るなど、実際は『日本オリンピック』。日本人全体が心を合わせて、目標にできるイベントになります。


 オリンピック・パラリンピックという国際イベントで、海外から多くの人が日本に集まって消費活動を行なうことは、直接的な内需拡大という恩恵になる。世界の先進都市で、チップを払わずに『ありがとうございます』と言われる場所は、日本以外にどれほどあるのか?


 そうした“おもてなし”の心は、来てもらえれば必ずわかるし、開催までの7年間も東京オリンピック開催に向けて多くの人が日本を訪れる。東京に来れば国内ハブ空港の羽田など、外国人観光客はそこから日本中に旅をするでしょう。そうした観光収入は全国に波及する。


 今の試算で3兆円という経済効果が試算されていますが、もっと長期的に出てくる効果もあるはず。何よりも閉塞感が長く続いている日本にとって、オリンピックはまず『心のデフレ』を解消できるキッカケになりますよ」

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

五輪をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ