注目ワード安倍・首相 甲子園・高校野球 ダルビッシュ有・張り トヨタ・ドイチェランド フジテレビ・三上 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

減反と農地整備並行する農業基盤整備 20年で42兆円消費

NEWSポストセブン1月9日(木)7時0分

 2014年、交渉中のTPP(環太平洋経済連携協定)の進展を背景に、農政に大きな変化が生ずることが予想される。その一端が減反政策の廃止だが、大前研一氏は、減反という制度を「理解不能な政策」と切り捨てる。以下、大前氏の解説だ。


 * * *

 コメ価格が下がらないように生産量を調整してきた「減反」が、2018年度で廃止されることになった。減反に参加する農家に10アール当たり1万5000円を一律に払ってきた補助金は、2014年度から7500円に半減させて2018年度に完全になくすが、その代わり、家畜の餌になる飼料用やパンなどに使う米粉のコメづくりに転作した場合の補助金を増額するという。


「自立した農家」を育てることを目的とした農業政策の約50年ぶりの大転換、と政府・農水省は喧伝している。しかし、それで本当に日本の農業を生まれ変わらせることができるのかといえば、甚だ疑問である。


 減反の廃止は当然だ。もともと今までの農政が完全に間違っていたのである。減反政策は、日本人のコメ離れと人口減によるコメ消費の減少で1971年度から始まり、コメの生産量は1967年度の1445万トンをピークに徐々に減少して2012年度は何と6割の869万トンになっている。


 本来、需要が減少したら供給を減らさなければならない。ところが、農家にとっては他の作物より補助金の多いコメが一番儲かるから、放っておけばコメを生産してしまう。そうすると供給が需要を上回って価格が下がる。それでは農家が困るから計画的な減反によって供給を減らし、減反すれば補助金を出すという制度を作ったのである。


 しかし、価格を維持するために補助金を払って生産量を調整(減反)するというのは、どう考えてもおかしい。余るなら生産をやめればいいし、価格が下がるなら消費者に還元すべきである。



 さらに、1986年から約7年続いたGATT(関税貿易一般協定)のウルグアイ・ラウンド(多角的貿易交渉)でコメ市場開放を迫られた日本は、コメの778%(1キロあたり341円)の関税を維持する代わりに毎年一定量を無税で輸入すること(ミニマムアクセス)を義務づけられ、関税も毎年下げて最終的にはゼロにすると約束させられた。


 そして、ウルグアイ・ラウンド対策として競争力を強化するという名目で「農業基盤整備事業」なるものを20年間で42兆円もかけて実施した。減反する一方で新しい農地を作るという理解不能な政策である。しかも、その結果は生産性も競争力も全く上がらなかった。したがって、ウルグアイ・ラウンド終了から20年が経過しても日本は市場開放できず、コメの関税は778%のままである。価格維持のための減反にもカネを注いできた。これ以上の悪政はないと思う。


 結局、農水省は「農業」を守りたいのではなく、自分たちの「農業利権」を守りたいだけなのだ。なぜなら、日本の農業はとっくに崩壊しており、いくら補助金を出したところで競争力を持ちえないということを、誰よりも知悉(ちしつ)しているのは農水省だからである。


※週刊ポスト2014年1月17日号

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「減反と農地整備並行する農業基盤整備 20年で42兆円消費」の関連ニュース

注目ニュース
やる気感じられぬ安倍首相 広島、長崎挨拶でも力入らず NEWSポストセブン8月20日(日)16時0分
内閣支持率低迷や、読売新聞1面に〈首相「3選望まず」6割今の総裁任期まで〉という見出しが躍るなど、安倍晋三・首相の求心力が低下している。[ 記事全文 ]
SKEメンバー、握手会“体臭問題”の苦情明かす ナリナリドットコム8月20日(日)7時23分
アイドルグループ・SKE48の松村香織(27歳)が8月19日、自身のTwitterで、握手会において「苦情が入った」と、ファンに改善を促す…[ 記事全文 ]
【直虎】壮絶、“政次の一生”に「神回」の声 オリコン8月20日(日)22時11分
20日にNHKで放送された大河ドラマ『おんな城主直虎』(毎週日曜後6:00BSプレミアム/後8:00総合)が、「近年の大河ドラマの中でも稀…[ 記事全文 ]
“神ピッチング”は見納め!?稲村亜美に「女優転身説」が急浮上! アサ芸プラス8月21日(月)5時59分
“神スイング”“神ピッチング”の異名を持ち、始球式など野球関係のイベントに引っ張りだこのタレント・稲村亜美。[ 記事全文 ]
遊ばれていたのはむしろ伊野尾!? フジ・三上真奈にまさかの「遊び人」説が! アサ芸プラス8月21日(月)5時59分
まさか「割り切った関係」上等だった!?ヤクルト・小川泰弘投手が「真剣交際」していたことが明らかとなったフジテレビの三上真奈アナ。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア