天皇陛下退位で皇太子さま、秋篠宮さまのお財布格差解消か

1月9日(月)16時0分 NEWSポストセブン

天皇陛下の退位により予算面での調整も…

写真を拡大

 珍しい光景だった。1月2日、皇居・長和殿で行われた新年一般参賀。午前、午後にわたる参賀の最終5回目、お言葉を終えた天皇陛下に美智子さまがさりげなく耳打ちされた。すると、それまでの回では見られなかったことだが、陛下を取り囲むように美智子さま、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻と真子さま、佳子さまが歩み寄られた。そして改めてお揃いで手を振られたのだった——。


 昨年8月の「お気持ち」表明以降、皇室を取り巻く状況は時々刻々と変化している。元日、政府が陛下の生前退位を可能にする特例法案を、1月末からの通常国会に提出することが報じられた。


「皇室に関する法律は皇室典範や皇室経済法、宮内庁法などが複雑に絡み合っています。特例法案は、そうした関連法を一括した内容になると考えられています。『退位』については一切の規定がないため、退位する上で必要な手続きなども法案に明記されることになります」(皇室記者)


 法案には、退位したあとの陛下の身分や地位、退位の理由なども盛り込まれるという。


「退位後の陛下の呼称は『上皇(太上天皇)』とする方向で検討されています。


 また、陛下が退位されることで、皇太子さまや秋篠宮さまの立場にも変化があります。皇太子さまが即位されれば、秋篠宮さまの皇位継承順位が1位になり、実質的に皇太子の立場になりますから、大きな格差がある “お財布事情”も考慮されることになりました」(前出・皇室記者)


 両陛下と皇太子ご一家を合わせた5名には、『内廷費』として2016年度に3億2400万円の予算が組まれている。ところが、同じく5名の秋篠宮家の『皇族費』は6710万円。それを“皇太子”に見合う額に調整する必要があるのだ。さらに、宮内庁関係者が明かす。


「皇族方の実際の生活にも、大きな変化があります。現在、両陛下は皇居にある御所で、皇太子ご一家と秋篠宮ご一家は赤坂御用地内にある東宮御所と秋篠宮邸にそれぞれお住まいです。退位後、両陛下は皇居内にある吹上大宮御所に移られ、御所で皇太子ご一家、東宮御所で秋篠宮ご一家が暮らされることを、陛下は望まれていると聞きます」



 皇位継承に伴う重要な儀式である『大嘗祭』は、来年11月に執り行われるように調整が進められている。それはつまり、来年中には新たな天皇が誕生する事を意味している。


 だが、それは陛下の願われた「退位の形」とは大きな違いがある。


「陛下はこれから天皇になる子孫たちも生前退位ができるように、退位の条件をしっかり定めて、永遠に恒久的なルール作りをしてほしいと望まれているといいます。ところが、政府が作った特例法案は前文か1条に今上天皇が退位する経緯と“個別理由”を組み入れることで、あくまで陛下だけに限った対応だと強調した内容なのです。それによって、恒久的な制度を作ることを否定しているように見えます」(前出・皇室記者)


 12月23日に83才の誕生日を迎えられた陛下は、会見で次のように述べられた。


「天皇としての自らの歩みを振り返り、この先の在り方、務めについて、ここ数年考えてきたことを内閣とも相談しながら表明しました。多くの人々が耳を傾け、各々の立場で親身に考えてくれていることに、深く感謝しています」


 お言葉でわざわざ「内閣」という言葉を用いられたことに、「陛下の行き詰まる思いが滲む」と話すのはある政治ジャーナリストだ。


「そもそも官邸側は、お気持ち表明はおろか、陛下が退位の意向を持たれることにさえいい顔をしていませんでした。表明のきっかけとなったNHKによる第一報も、そんな政府の態度に業を煮やし宮内庁側から漏れたともいわれています。退位を支持する世論の手前、陛下のお考えをむげにはできませんが、官邸側が“陛下に限った生前退位”であることを強調するのにはそうした背景があるのです」


 両陛下は今春、ベトナムを初めて公式訪問される。国内でも5月に富山県で行われる全国植樹祭や9月末からの国体(愛媛県)、10月の全国豊かな海づくり大会(福岡県)などへの出席が予定されている。陛下は強いお気持ちを胸に秘められながら、残された公務をただひたすらに全うされようとしている。


撮影■雑誌協会代表取材


※女性セブン2017年1月19日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

秋篠宮さまをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ