潮田玲子 「2人の子供は愛犬に見守られて成長してほしい」

1月9日(火)7時0分 NEWSポストセブン

潮田玲子とモコ(左)とアン(右)

写真を拡大

 戌年の2018年。一般社団法人ペットフード協会によれば、1994年の調査開始以来、初めて「猫の推定飼育数が犬を上回った」とされているが、今年は再び犬にも注目が集まりそうだ。トイプードルの「モコ」と「アン」を飼っている元バトミントン選手の潮田玲子が、愛犬と家族を語った。


 * * *

 犬を飼い始めたのは独身時代です。最初に迎えたモコは、私が25歳でバドミントン・女子ダブルス「オグシオ」を解消し、池田信太郎さんと混合ダブルスを組むため上京した時に衝動的に飼い始めたんです。チームメイトがいた大阪を離れ、寂しかったんでしょうね。


 遠征の際は実家の母に預けていました。2匹目のアンを飼い始めたのは、ロンドン五輪を終え、引退したタイミングでした。


 結婚して長男、長女が生まれ、家族も増えました。昨年は主人(Jリーガーの増嶋竜也)のレンタル移籍先である仙台に引っ越すことになり、2匹は東京の実家に預けることになりました。ただ、私は仕事などで頻繁に里帰りしているので、実家の中は子供が4人いる感じでとても賑やかです。アンは昨夏誕生したばかりの娘が泣いていたりすると見に行ってくれます。“お姉ちゃん”のつもりになっているのかもしれません。息子と娘には、モコとアンに見守られながら成長していってほしいです。


【プロフィール】しおた・れいこ/1983年9月30日生まれ。福岡県出身。元バドミントン選手。小椋久美子とダブルス「オグシオ」を組み、北京五輪女子ダブルス8位入賞。2012年、ロンドン五輪混合ダブルスに出場。現役引退した同年9月、サッカー選手・増嶋竜也と結婚。2015年9月に第1子、2017年8月に第2子を出産。


●モコ(左。トイプードル、オス、8歳)/ひざの上が大好きな場所。マイペースで、自分のごはんをアンに食べられてしまうことも。


●アン(右。トイプードル、メス、5歳)/好奇心旺盛で活発。ひとり遊びも得意。野菜が好物で、料理中にキャベツの芯などをもらいに来る。


◆撮影/田中智久


※週刊ポスト2018年1月12・19日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

潮田玲子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ