坂本美雨の愛娘、生後6か月で“ネコ吸い”デビュー

1月9日(土)11時10分 Techinsight

「ネコ吸いの子はネコ吸い」と坂本美雨(出典:https://www.instagram.com/miu_sakamoto)

写真を拡大


「猫を吸うほど愛する」ミュージシャンの坂本美雨。もうすぐ6か月になる愛娘も、猫好きへの道を着々と歩んでいるようだ。

坂本美雨は飼い猫“サバ美”の気持ちを考えて決して無理強いはせず、自然に長女との距離が縮まっていくように見守っていた。いきなり飼い主と共に自宅に現れた赤ちゃんに、サバ美は戸惑いながらも興味津々。しかし警戒心が優先するのか、遠くから監視しているような状態が続いていた。

1月8日の『坂本美雨 miu_sakamoto Instagram』に「ネコ吸いの子はネコ吸い」と記して、クーファンの中に仲良く入っている長女とサバ美の写真が公開された。母親が可愛がっているサバ美に、娘さんは何の躊躇いもなく顔を寄せていったようだ。

一方、サバ美の顔は若干強張っている。長女から触れられることに拒否はしていないものの、耳の角度に緊張が表れていた。やはりまだ耐えられなかったのか、3秒ほどでサバ美はクーファンから飛び出したらしい。

猫好きが多いフォロワーも「吸い初めですね」「ついにこの日が!」「見事な吸いっぷりに感動」と長女の“ネコ吸い”デビューに大喜び。早くもサバ美を抱く娘さんの姿が見られることを期待する声も寄せられている。

出典:https://www.instagram.com/miu_sakamoto
(TechinsightJapan編集部 みやび)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

坂本美雨をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ