レディー・ガガ、レイプ被害に今も苦悩 「誰にも癒せない」

1月9日(土)18時13分 Techinsight

レディー・ガガ、苦悩を告白。(画像はinstagram.com/ladygagaより)

写真を拡大


過去にレイプ被害を受けたと公表済みのレディー・ガガが、「今も苦悩は深い」「この傷は癒えない」と語った。

19歳の時にまさかのレイプ被害を受けたことを公表し、「そのことがきっかけで、人生が変わってしまった。私という人間が、完全に変わってしまったの」と語ったレディー・ガガ。彼女がこのほど『ハリウッド・リポーター』のポッドキャストに参加し、レイプを扱ったドキュメンタリー映画『ザ・ハンティング・グラウンド(The Hunting Ground)』に提供した楽曲「Til It Happens to You」に言及。こう話した。

「(レイプに苦しんだ)私を癒したい。そう望む人に向けて歌っている曲なの。そんな事は無理だと言っているのよ。」
「私の人生に出入りして、『君は立ち直れる』なんて言う人にはウンザリ。今も私の苦しみはとても大きいし、理解してもらえっこないもの。」

レイプ被害に傷つき、自分を責める時期が続いたというガガ。服装や楽曲の内容で「人を誤解させないか」と今も悩むというガガは、昨年ニューヨークで開催されたトークセッションに出席。女性達に向け「苦しみを秘めないで」「酷い過去は追い払ってしまいましょう」と語りかけていた。

出典:https://www.instagram.com/ladygaga
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

レディー・ガガをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ