畠中祐さん&千本木彩花さん『甲鉄城のカバネリ 総集編』後編の初日舞台挨拶で、美馬役・宮野真守さんとの共演についてコメント!?

1月10日(火)14時10分 アニメイトタイムズ

 1月7日(土)、『甲鉄城のカバネリ総集編 後編 燃える命』の初日舞台挨拶が新宿ピカデリーにて実施されました。この日は、生駒役の畠中祐さんとヒロイン・無名役の千本木彩花さんが登壇! 息のあった爆笑トークを繰り広げました。今回、当日の模様を記した公式レポートが到着したのでご紹介しましょう。

 トークイベントでは、総集編の見所や、今年の抱負、先日発表となった『甲鉄城のカバネリ』の新作に向けての意気込みなどを語りました。ついに総集編の後編の舞台挨拶の日が来たということで、ネタバレの心配も無くなったゲストのふたりは本作の魅力を互いに語り合いました。ともに死闘を乗り越えてきたからこそ出来る阿吽の呼吸の掛け合いに、満席の会場は大爆笑の渦が沸き起こり、初日舞台挨拶は非常に賑やかな空気のまま幕を閉じました。ゲストコメント公開!
──本作の公開を迎えた今の気持ち

畠中祐さん(以下、畠中):劇場内の熱気が凄いです。観る方も体力のいる作品だと思うのですが、大画面で帰ってきて嬉しいです。技術や上手さにこだわらず、気持ちだけでぶつかった作品なので、自分の道に迷った時に見返して、戻ってきたいです。千本木彩花さん(以下、千本木):やっとネタバレなく気楽に話せるのは嬉しいです。(笑)──美馬役の宮野真守との演技について

畠中:最終決戦のアフレコ時に宮野さんが「今日はお前のこと本当に倒すから」とおっしゃってくださって、本当に本気で潰しに来てくださることが伝わってきて、僕も本気で挑んでいかないと勝てないと思いました。

千本木:無名にとって兄様は凄く大切な存在で、どんなことがあってもそれは変わらずに、兄様の為に生きようと思っています。パンフレットの対談の時に宮野さんは無名のことをどう思っているのかを聞いたんですが、同じように大切に思ってくださっていたので、嬉しかったです。

──新規カットについて

千本木:生駒からもらった石が首元についているところや、川辺での来栖と菖蒲様のシーンなどが大好きです。

──締めの挨拶

畠中:絶対に大きなスクリーンで観たいです!僕も観に来るので是非一緒に見ましょう! 最後まで本当にありがとうございました。これからも変わらない応援をお願い致します。

千本木:オンエアから時間を置いて観ると、さらに違った良さが見えてくるんじゃないかと思います。本当に良い作品だなと思いました。2018年には新作も待っていますので、これからも熱い応援をお願い致します!

>>http://www.kabaneri.com/ (「甲鉄城のカバネリ」公式サイト)
>>https://twitter.com/anime_kabaneri (「甲鉄城のカバネリ」公式ツイッター(@anime_kabaneri))

アニメイトタイムズ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

舞台挨拶をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ