嵐・二宮和也が紅白の喫煙室で記者の話を立ち聞き…って喫煙者だったのか!?

1月10日(日)17時59分 アサ芸プラス

 今回もジャニーズ勢が大活躍した紅白歌合戦。常連の余裕かリラックスムードのメンバーも多く、嵐の二宮和也は喫煙室に入って記者たちの談笑に耳をそば立てていたという。ということは、二宮は喫煙者なのだろうか? 芸能ライターが教えてくれた。

「実はジャニーズには喫煙者が少なくないのです。嵐だと二宮のほかに大野智と櫻井翔が喫煙者で、相葉雅紀はかつて吸っていたものの禁煙に成功したとか。吸わないのは松本潤だけのようですね。ほかにはSMAPの中居正広もヘビースモーカーですし、あとは数が多すぎていちいち名前をあげるのも無意味なほどです」

 あれだけ激しいパフォーマンスを見せるジャニーズが、実は喫煙者だらけというのはちょっと驚きだ。だが芸能界全体を見回すと、嫌煙ムードの高まる世間とは異なり、まだまだ喫煙率は高いという。芸能ライターが続ける。

「業界のトップ層は喫煙するのが当たり前だった時代の人たちですし、トップが吸えば嫌煙ムードにはならないでしょうね。テレビ局でも収録スタジオ内は禁煙ですが、手前の控室は煙だらけで、むしろ嫌煙者のほうが肩身が狭いくらいです」

 逆に言えばトップがタバコを吸わなければ、その芸能事務所が全面禁煙になる可能性もある。その好例がEXILEなのだそうだ。

「社長のHIROが、パフォーマンスに影響するという理由で禁煙し、他のメンバーも追随。今では完全禁煙になっています。ちなみに事故を避けるために車の運転も自粛しているそうです」(前出・芸能ライター)

 対するジャニーズは喫煙OKで、愛車自慢のメンバーも多い。事務所の個性は意外なところに表れるようだ。

(金田麻有)

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

喫煙をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ