彼こそ元祖炎上芸人!?三中元克「殺害予告までされた」キムタクへの狼藉とは

1月10日(水)9時58分 アサ芸プラス

 炎上芸人──。いつしか、売れる手段のひとつとして用いられるようになった。ひと昔前ではドランクドラゴン・鈴木拓、最近ではウーマンラッシュアワー・村本大輔らがツイッターで半ば意図的に世の中を騒がせるような意見などを発信し、炎上させている。しかし、芸人がらみの炎上で言えば、意図的でないが、生放送中で見せた大失態で日本中から非難の的になった「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)に出ていた三ちゃんこと三中元克こそ、元祖炎上芸人だろう。

 2010年、オーディションを突破してメンバー入り。ナイナイ岡村隆史が大好きな「デブで不器用な素人芸人」のキャラで出演していた。そんな彼が14年の「武器はテレビ。SMAP×FNS27時間テレビ」(フジ系)で、SMAP時代の木村拓哉を傷つけ、大炎上した。

「テレビ局にクレームが殺到して“殺害予告”まで出たといいます」(テレビ番組制作会社スタッフ)

 問題となったのは番組初日。ゴールデンタイムの「ドキッ!めちゃイケvsSMAP 男だらけの水泳大会」でのことだ。番組レギュラー陣とSMAPの両チームが水泳、ビーチフラッグ、水上綱引きなどで競う中、三中は木村と水上相撲で対決。三中は、事前にスタッフから「本気で行け!」とハッパをかけられ、猛攻。木村の水着を破り、最終的には左脇腹を赤く腫れあがらせ、左ももに20cmほどのひっかき傷まで残してしまったのだ。

「当然、三ちゃんは土下座で謝罪。木村くんは、勝ちにこだわった三ちゃんの大健闘を称えて、笑顔で握手。男同士の抱擁をかわして、株を上げました。しかし、三ちゃんへの批判はその後数日にわたって収まることなく、後日改めてスタッフ数名とともに木村くんの元を訪ねて、謝罪しています」(芸能ジャーナリスト)

 そんな三中は、年月を重ねるにつれ、素行不良が目立ち、視聴者投票で16年に降板させられる。現在は、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する漫才コンビ・dボタンとして奮闘中だが、レギュラーを務めためちゃイケ終了の連絡はなかったという。一方のキムタクは、SMAP分裂騒動の渦中で裏切り者扱いされ、すっかり株を下げた。ここは一から出直す意味で、もう一度2人で水上相撲の真剣勝負をしてみては!?

(北村ともこ)

アサ芸プラス

「殺害」をもっと詳しく

「殺害」のニュース

BIGLOBE
トップへ