ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォードと並び立つ!『ブレードランナー2049』

1月10日(火)12時0分 シネマカフェ

『ブレードランナー 2049』

写真を拡大

リドリー・スコット監督、ハリソン・フォード主演でSF映画の最高傑作として語り継がれる『ブレードランナー』。その35年ぶりの続編となる『ブレードランナー 2049』から、ハリソンと新キャスト、ライアン・ゴズリングの新旧“ブレードランナー”が並び立つ新画像が解禁となった。

本作の舞台は、オリジナル作品の舞台となった2019年から30年後の2049年の世界。まるで人間とは見分けのつかない“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”リック・デッカードを演じていたのがハリソンだ。本作では、先日解禁の初映像にも登場していたライアン演じる男が、新人ブレードランナー“K”であることも判明。30年後の世界では新たな危機が迫っており、“K”が30年間行方不明だったデッカードを探すところから、物語がスタートするという。

解禁された2ショット写真では、新旧ブレードランナーとして、ハリソンと肩を並べるライアンの姿がとらえられている。「ハリソン・フォードは自分のヒーローだ」と話すほど大ファンだったというライアン。初めてハリソンの姿を目の当たりにしたときには、相当緊張していたらしい。「ちょうどセットが独特の雰囲気の霧に包まれていたときに、どこからともなくハリソンが現れたんだ。シルエットだけでも間違えようがなかったよ。僕は彼を満足させるものを創り上げられることを心から願ったんだ」と、撮影時を感慨深げに振り返っている。

本作で監督を務めるのは、『プリズナーズ』『ボーダーライン』などでその才能が高く評価され、新作『メッセージ』が賞レースでも続々とノミネートを果たしているドゥニ・ヴィルヌーヴ。彼によれば、撮影期間中にハリソン、そしてスコット監督と一緒に食事に出かけた際、往年のファンが気になる“あの論争”の話になったという。「(ハリソン演じる)デッカードがレプリカントであるべきか、人間であるべきかという論争で、ハリソンとリドリーから集中攻撃を受けたんだ。オリジナルの大ファンとしては、この夕食の席は一生の思い出になったよ(笑)」とヴィルヌーヴ監督。実は、オリジナルが公開されてから34 年間、本作では製作総指揮を務めるスコット監督は「デッカードもレプリカントである」と主張し、ハリソンは「デッカードはレプリカントではない」と主張。両者が真っ向から対立しており、ファンの間でも長きに渡り論争を巻き起こしてきたのだ。

その答えが本作『ブレードランナー 2049』で明らかになるのだろうか? ハリソンは「これについては自分自身を喜んで検閲するよ。オリジナル版を撮影していたときから興味深い問題だったし、そのときにその答えは得られていないからね。ただ“『2049』は十分に入場料に値する”ということは言えるよ(笑)」と意味深なコメントを残しているが…。

多くの謎を残し、詳細はまだベールに包まれたままの本作。当時の『ブレードランナー』を超越する新しい世界観に“戻ってきた”ハリソンと、『ラ・ラ・ランド』でゴールデン・グローブ賞を獲得し、いまノリに乗っているライアンの新旧“ブレードランナー”に、ますます期待が高まる。

『ブレードランナー 2049』は11月、全国にて公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ハリソン・フォードをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ