錦戸亮は「色気のようなものを持っている」、『羊の木』プロデューサーが語るその魅力

1月10日(水)7時0分 クランクイン!

錦戸亮は「色気のようなものを持っている」、『羊の木』プロデューサーが語るその魅力(C)2018『羊の木』製作委員会 (C)山上たつひこ、いがらしみきお/講談社

写真を拡大

 錦戸亮が主演を務めたサスペンス映画『羊の木』が2月3日に全国公開を迎える。今回、本作のプロデューサーである井手陽子が、錦戸の俳優としての魅力や劇中の注目ポイントなどについて語った。 「『羊の木』は、“元殺人犯たち”という異物を、どこにでもある地方都市が受け入れる話です。錦戸さんが演じた受け入れ担当の市役所職員・月末は、いわば“普通の人”代表。ですから、人として感じてしまう様々な感情を自然に表現し、誰もが感情を乗せられる俳優でなければ、と思っていました」と月末の人物像について触れる。錦戸を主演に迎えた理由については、「特別濃いキャラクターを演じている訳ではない時でも、いつもいつのまにか目が離せなくなっている、不思議な魅力がある方。月末にはピッタリだと思いました」と説明する。

 錦戸の芝居に関しては「映画の撮影現場では、同じシーンを何度も演じてもらったりするのですが、同じ表情のようで、同じじゃない。表情や声、ちょっとした仕草、全てが繊細に変化するので、とにかく、ずっと見ていたいと思わせてくれる俳優です」とコメント。また「監督が『もう1回』とテイクを重ねるのが、“また錦戸亮の芝居が見られる!やった!”と思ってしまう。ご本人、見られたいとか全然意識されてないと思いますが、目が離せなくなる、何か色気のようなものを持っている方です」と絶賛する。

 錦戸の強みや他の俳優と違うと感じるところを聞くと、「いつも空っぽになれる能力があるところでしょうか。現場にはいつもフラットな状態で現れ、その場の状況に合わせて何色にも染まれる」と分析。続けて「しかも、その色の種類がとても多い。普通は12色の色鉛筆しか持ってないのに、錦戸さんは100色の色鉛筆を内面に持っているような感じで、微妙に違う色の変化を瞬時に出せる。そして、その表情は見ている者の感情を自然と導いてくれるような、まるで自分が感じているかのようにスクリーンの中で体現してくれる俳優です」と語る。

 本作で特に注目してほしいポイントに話が及ぶと、「ずばり、顔ですね(笑)」ときっぱり。「『羊の木』は、架空の国家プロジェクトによって、元6人の殺人犯を一気に受け入れ、予想できない色々な展開が起きていく話。錦戸さん演じる月末は、とにかく振り回され、様々な感情が見られる。126分間、錦戸さんの表情がどう変化していくのか、その繊細な感情の揺れを楽しんで頂けましたら幸いです」と話した。

 映画『羊の木』は2月3日全国公開。

クランクイン!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

錦戸亮をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ