小林麻央「チャンスを神様ください」 海老蔵を支える姿に涙

1月9日(月)23時50分 J-CASTニュース

小林麻央さんが久々にテレビ出演した

写真を拡大

乳がん闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さん(34)が2017年1月9日夜、日本テレビの「市川海老蔵にござりまする」にインタビュー出演した。

夫の市川海老蔵さん(39)と、麻央さんら一家に密着した番組で、インタビュー収録は4日に行われた。闘病する家族の様子を見て、視聴者からは「切ない」「泣けてくる」といった反応が出ている。



海老蔵「ずっと誰にも言ってなかったからね」



出演のきっかけは、年末年始のテレビ番組で、夫が幾度かインタビューに応じていたこと。「私にも何か少しでもできることがないかな」と思い、「私からみた主人についてお話することができれば」(5日のブログ)と、出演を決意した。


「市川海老蔵にござりまする」は、海老蔵一家に数年前から密着し、不定期で放送されている番組。海老蔵さんは16年6月9日に、がん発表会見を行った。今回の放送では、その移動の車中で、番組スタッフに「びっくりした? ずっと誰にも言ってなかったからね」と話す様子も放送された。

麻央さんは2014年2月、人間ドックで左乳房の腫瘤が見つかった。番組では、それから現在までの海老蔵さんの密着映像と、夫妻が後に振り返ったブログ投稿を交互に映し、病をおして駆けつけた長男、勧玄くんの初お目見え(15年11月)など、この3年間の歩みを伝えた。



麻央「病気の前より、いいパートナーに」



番組終盤の10分間には、海老蔵さんが麻央さんを見舞った16年大晦日の映像とともに、17年1月4日に行われた、麻央さん単独のインタビュー映像が流れた。麻央さんは病床でウィッグをかぶり、


「もし私がこの病気を乗り越えて、いま私なりにある試練っていうものを乗り越えられたときに、病気をする前よりも、ちょっといいパートナーになれるんじゃないかな、っていう。なので、すごく思うのは、役者・市川海老蔵をパートナーとして支えられるチャンスを神様ください、っていつも思うんですね」

などと、ティッシュペーパーを手に涙ながらに語った。


1男1女、家族4人での闘病生活に、ツイッターでは、


「ほんと、麻央ちゃんは強いと思う」

「なんだか見ててすごく切ない...麻央ちゃんが...」

「頑張って欲しい。私より若いのにって考えると本当に辛い」

「かんげんくんの初お目見えは何回見ても可愛い。ただ、麻央さんのことを思うと泣けてくる」

といった視聴者からの反応が出ている。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

海老蔵をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ