追悼はBABYMETAL、友人、生徒からも 藤岡幹大さん36歳、早すぎるギタリストの死

1月10日(水)16時15分 J-CASTニュース

夫人による訃報が伝えられた(写真は藤岡幹大さんのツイッターより)

写真を拡大

世界で活躍する3人組メタルダンスユニット「BABYMETAL」のサポートバンドのギタリストなどとして知られた、藤岡幹大さん(享年36)の急死のニュースは音楽業界関係者を悲しみに包み、ツイッターなどのSNSやYouTubeなどでたくさんの追悼が行われている。

「BABYMETAL」も2018年1月9日、公式ツイッターで追悼した。





「皆で彼を送り出しました」



藤岡さんの急死は自身の公式ツイッター上で18年1月9日に報告された。17年12月30日に天体観測をしていたところ高所から落ちてしまい療養中だったが18年1月5日夜に容態が急変し、娘2人に見守られながら永眠した、と説明し、


「ファンの皆様、関係者様、全速力で生きた彼のことを今後も愛して頂けたら幸いです。ありがとうございました。 妻」

とツイートした。


「BABYMETAL」はこの日ツイッターで、自身の楽曲「THE ONE」の歌詞、


「We are the one Together We're the only one You are the one Forever」

を引用し、藤岡さんは今、尊敬していた英国出身のギタリストで2017年4月に亡くなった、アラン・ホールズワースさん(享年70)と一緒にいて、壮大なギターセッションを楽しんでいることを願っています、とした。



藤岡さんと親交が深く、ギター談義などを一緒にYouTubeで生配信してきたギタリストのHidenoriさんは同日、YouTubeで、


「Hidenoriを通して藤岡幹大氏と繋がりのあった方へ」

と題する動画を配信し、涙声で2人の思い出などを語った。女性5人組ロックバンド「BAND-MAID」のギター、KANAMIさんは、


「優しくて笑顔が可愛い藤岡さん。最後にお別れが出来ました。あなたのこと一生忘れません。未熟な私ですが、私がギターを弾く時はあなたの想いも一緒に乗せさせて下さい」

とツイートした。ロックバンド「STEALTH」「C4」のボーカリストTOKIさんはツイッターで、


「何の心配もしなくていい。耳元でそう力強く何度も伝え、皆で彼を送り出しました。この約束を『確かな形』とする事に、BOHくん、前田遊野くん、青山英樹くん、そして大村孝佳、他にも沢山のアーティストの方々、そして微力ながら私も命を燃やします」

とした。




「先生」とギタリストたちから慕われた



藤岡さんは「アドリブ・ギター 虎の巻」といった数多くのギター教則本を出版しているほか、後進の育成、音楽教室での講師を務めていたため、「先生」としてギタリストから慕われる存在でもあった。藤岡さんから直接教わったという人たちは、


「貴方は僕たちのギターヒーローです。 指でキダー弾いたらどんなアンプ、ギター使おうが、で音ぶっといですよね。ジェフベックもびっくりですよ。ずっとずっとギター教えてもらいたかった。大好き!」

「藤岡先生の生徒として一人前のギタリストになる所を見て欲しかった。まだたくさん音楽の話を先生から聞きたかった。まだ先生の最強のギターが聴きたかった それがもう叶わないんですね。天国でも超絶変態ギターかましてください。ご冥福をお祈りします」

といったツイートをしている。

J-CASTニュース

「追悼」をもっと詳しく

「追悼」のニュース

BIGLOBE
トップへ