岡田将生&木村文乃、モダンな和装に歓声! 過去の怖い体験告白

1月10日(水)19時34分 マイナビニュース

俳優の岡田将生木村文乃が10日、東京・田中千代ファッションカレッジで行われた、映画『伊藤くんA to E』(1月12日公開)"伊藤くんの日"公開直前イベントに登場した。

同作は柚木麻子による同名小説を映画化。容姿端麗だが自意識過剰で無神経すぎる痛男・伊藤誠二郎(岡田)と、伊藤に人生を振り回される4人の女達、そして伊藤にまつわる恋愛相談をネタに新作ドラマで再起を図る脚本家・矢崎莉桜(木村)の姿を描く。

和装で登場した2人に、集まった110人の観客は「かっこいい!!」「かわいい!」と歓声をあげる。「ちょっとペンキのかかってる、モダンな感じをイメージ」(岡田)、「スタンダードとは違う感じで攻めていこうかという話でした」(木村)とそれぞれの着物のポイントを明かした。

イベントでは観客から「過去の痛い恋愛経験」を募り、「付き合っていると思って関係もあったのに『遠距離の彼女いるから』と言われた」「相手が引くほどの長文メールを送ってしまった」などの経験談が飛び出した。木村は「口下手な方なんでしょうね。直接会って言えないから、書いてしまう。割と私も書きがちなんですよ。わかります」と共感を見せていた。

岡田が反応したのは、「相手が自分の家を勝手に調べて、急にケーキを持ってきた」というエピソード。会場で似たような経験をした女性が「電車を変えても毎日ついてくる人がいた」と語ると、「俺もあった! 中学生のとき! どんだけ時間変えて車両変えても絶対いたもん。怖いですね」と自身の恐怖体験を振り返る。しかし、インパクトのあるエピソードに「なんで今、言っちゃったのか……後でこっぴどく怒られる」と反省していた。

また、記念日協会により1月10日が「伊藤くんの日」に認定されたこともサプライズ発表。2人は認定証を手に、くす玉でお祝いをした。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

岡田将生をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ