『ゴッサム・バイ・ガスライト』水彩画アート版のバットマンが立体化

1月10日(水)20時51分 マイナビニュース

2018年6月発売予定「ARTFX+ バットマン ゴッサム バイ ガスライト アーティストフィニッシュ」(12,960円/税込)

人気作家とバットマンの初の組み合わせによるエルスワールド・ストーリーの傑作『A Tale of the BATMAN:ゴッサム・バイ・ガスライト』より、ヴィクトリアンスタイルのバットマンが立体化。「ARTFX+ バットマン ゴッサム バイ ガスライト アーティストフィニッシュ」として、コトブキヤから2018年6月に発売される。価格は12,960円(税込)。

「ARTFX+ バットマン ゴッサム バイ ガスライト アーティストフィニッシュ」は、異世界(エルスワールド)の19世紀末の1889年を舞台にしたヴィクトリアンスタイルのバットマンを、豪華なヴィネット仕様で立体化したもの。19世紀末のゴッサムシティで活躍し、かの切り裂きジャックと対決するバットマンを描いた水彩画アート版を徹底再現している。本作はよりアーティストの筆致に迫ったバージョンとなり、研ぎ澄まされ簡略化された顔の造形のほか、水彩画のような淡い色使いでありつつも陰影を強調した独特のタッチの再現に挑戦した意欲作となっている。

BATMAN and all related characters and elements (C) & TM DC Comics.
(s18)

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

バットマンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ