豊川悦司が朝ドラ初出演!『半分、青い。』で少女漫画家に

1月10日(水)16時26分 マイナビニュース

俳優の豊川悦司が、女優の永野芽郁がヒロインを務める2018年度前期NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で朝ドラに初出演することが10日、明らかになった。東京・胸騒ぎ編のキャストが発表され、豊川のほか、井川遥清野菜名志尊淳、中村倫也、古畑星夏が出演する。

豊川悦司

2018年4月2日から9月29日まで全156回を放送する同ドラマは、人気脚本家・北川悦吏子氏のオリジナル作品。北川の故郷でもある岐阜県と東京を舞台に、失敗を恐れないヒロインの楡野鈴愛(にれの・すずめ)が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜けていく姿を描く。

豊川が演じるのは、鈴愛の師となる少女漫画家・秋風羽織役。「今や飛ぶ鳥を落とす勢いの最強の看板枠、連続テレビ小説に初出演できることを大変光栄に感じます」と朝ドラ初出演を喜び、「旧知の北川悦吏子さんから、とってもとってもとっても難しいキャラクターをいただきました。全く自信はありませんが、弱気を武器に、真摯に努めて参ります。ビターアンドスィート、オールドベイビーな秋風羽織に少しだけ、ご期待くださいませ」と控えめに意気込んでいる。

秋風の仕事上の(?)パートナー・菱本若菜役には井川遥。そして、鈴愛の生涯の親友となるアシスタント仲間・小宮裕子役に清野菜名、鈴愛の戦友となるアシスタント仲間・藤堂誠役に志尊淳、女泣かせなゆるふわイケメン・朝井正人役に中村倫也、鈴愛の幼なじみ・律(佐藤健)が運命を感じる美少女・伊藤清役に古畑星夏が決定した。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

豊川悦司をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ