西尾維新『化物語』のコミカライズが決定! 3月14日発売『週刊少年マガジン』15号から

1月10日(水)11時21分 ねとらぼ

『化物語(上)』(Amazon.co.jpから)

写真を拡大

 西尾維新さんの小説『化物語』のコミカライズが発表されました。3月14日発売の講談社『週刊少年マガジン』2018年15号から連載を開始します。
 講談社の編集部が運営するTwitterアカウント「西尾維新公式情報」が明かしたもの。コミカライズを担当する漫画家は明かされていませんが、ファンの間では、西尾さん原作の『めだかボックス』『症年症女』で作画を担当し、2017年にテレビアニメ化した『十二大戦』のコミカライズも手掛けている暁月アキラさんや、『零崎軋識の人間ノック』で作画を担当したチョモランさんらの名前があがっています。
 2006年に〈物語〉シリーズの第1弾として発売された小説『化物語』は、高校生の主人公・阿良々木暦が、さまざまな「怪異」に関わった少女達と出会い、その怪異にまつわる事件を解決していく物語。2009年にテレビアニメ化されています。

ねとらぼ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

週刊少年マガジンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ