AKBがアルバム19作同時TOP100、マイケルやビートルズ抜き歴代No.1に。

1月10日(木)4時0分 ナリナリドットコム

アイドルグループ・AKB48が、オリコンが1970年1月にアルバムランキングの発表を開始して以来、44年目で最多記録となる“19作同時アルバムTOP100入り”の快挙を達成した。

最新の1月14日付けオリコン週間アルバムランキング(集計期間:2012年12月31日〜2013年1月6日)では、先週1月7日付けで初ランクインした、元日発売(店着日は12月27日)の「studio recordingsコレクション」11作と、オリジナルアルバム「1830m」(昨年8月発売)の計12作に、先週100位圏外だった「Team A 1st stage『PARTYが始まるよ』」(今週73位)を始めとする7作が新たに加わり、計19作がTOP100入りを果たした。

これにより、従来マイケル・ジャクソン(2009年7月20日付)とザ・ビートルズ(同年9月21日付ほか)が持っていた、男女グループ・ソロを通じての歴代記録である16作同時を3作更新。見事に歴代No.1に輝いた。

なお、これまで女性アーティスト記録は松田聖子(50歳)の13作同時(2009年8月17日付)、女性グループ記録は先週AKB48が塗り替えるまでキャンディーズとKARAの5作同時(キャンディーズ1978年5月29日付・KARA2011年3月7日付)だった。

最上位は先週31位から17位に順位を上げた「Team B 3rd Stage『パジャマドライブ』〜studio recordings コレクション〜」(キングレコード)。TOP100入りした全19作いずれも先週1月7日付から順位を上げた。

今回発売されたのは、過去にデフスターレコーズとAKSから発売の全12タイトルに、初CD化となる未発表の公演セットリスト7タイトルを加えた全19タイトル。オリジナルアルバムやシングルには収録されていない劇場公演だけの楽曲も多数収録されており、ジャケットはすべて撮りおろしとなっている。


☆歴代アルバム同時TOP100入り記録(オリコン調べ)

1位 19作 AKB48
2位 16作 マイケル・ジャクソン
2位 16作 ザ・ビートルズ
4位 13作 石原裕次郎
4位 13作 松田聖子

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アルバムをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ