大輔が“すべらない話”探す旅、故郷・京都で同級生や家族と語る。

1月10日(金)10時0分 ナリナリドットコム

人気トークバラエティ番組「人志松本のすべらない話」(フジテレビ系)に、2004年12月の初回より出演し、これまで100話近くのエピソードを披露してきたお笑い芸人の宮川大輔。そんな彼のネタが、このままでは尽きてしまうのではないか——と、番組が“すべらない話を掘り起こす旅”を用意した。故郷・京都に眠っているエピソードを掘り起こすべく、宮川が思い出の地を巡る。

その模様は、1月11日の特番「人志松本のすべらない話 10周年突入! MVS全員集合」の事前番組として、10日深夜(27時35分〜28時05分)と11日午前中(10時45分〜11時40分)にフジテレビで放送。そして旅の“完全版”として、3月21日にはDVD「大輔宮川のすべらない話を掘り起こす旅(仮)」(2,800円/税抜き)が発売される運びとなった。

その中では、すでにエピソード中で何度も登場している幼馴染“クニゲン”が、カポエラを習い始めたという情報をもとに会いに行くことに。同級生とも合流し、共に小学校時代に埋めたタイムカプセルを掘り起こす……一体何が出てくるのか。

また、家族も登場し、「SMマニア」としてすべらない話に登場している父親のもとへ。父親の同級生でフリーアナウンサーの桑原征平さんのラジオに出演しているという現場に突撃すると……。さらにはあの“ヨットの先端に裸の女性を縛っていた”衝撃のエピソードの舞台となった琵琶湖で、親子2人ヨットに乗り夕日を見ながら語り合ったこととは……。

これまで数々の印象深いエピソードを披露してきた宮川の“すべらない話”のルーツが詰まった一枚だ。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

すべらない話をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ