荻野目洋子が感激「ダンシング・ヒーロー」初首位

1月10日(水)19時35分 日刊スポーツ

荻野目洋子

写真を拡大


 歌手荻野目洋子(49)が85年に歌唱したヒット曲「ダンシング・ヒーロー」が15日付のオリコンの週間カラオケランキングで初の首位になった。
 大阪府立登美丘高校ダンス部が同曲を使ったダンスをYouTubeにアップ。そのキレキレでコミカルなダンスが脚光を浴びて、リバイバルヒットになっていた。
 荻野目は、発売から30年を経過してのリバイバルヒットに「老若男女問わず選曲して頂けたことが、一番うれしいです。場が和むような歌をこれからも歌っていきたい」とコメントしている。
 同曲は、昨年11月13日付の同ランキングで43位に初登場。12月11日付で初のTOP10入りし、今年1月1日付、同8日付で2週連続の3位を記録していた。
 オリコンのカラオケランキングは94年から行っている。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

荻野目洋子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ