DV騒動三橋貴明氏の元妻が「誰かの報復」を危惧

1月10日(水)16時41分 日刊スポーツ


 DV騒動で注目を集めた経済評論家の三橋貴明氏の元妻で作家のさかき漣さんが、「身の危険を感じております」と訴えた。
 さかきさんは9日、ツイッターを更新。「拡散希望」とした上で、「実は、身の危険を感じております。今後もしも、わたしの身に何かあったら、誰かの報復かもしれません」と不穏な状況を伝えた。
 ファンから励ましの声が多数寄せられ、さかきさんは10日、「コメントのすべては読めておりませんが、暖かいお言葉をくださる方が多くいらっしゃる事実に、救われています。ファボやリツイート等、本当に有り難く存じます。右派も左派も関係ありませんね。ありがとうございます、心より感謝いたします」と返信。さらに虐待やDV被害に遭っている人に向け、「周囲に助けを求め続けてください。一度出した被害届は、絶対に取り下げないでください。取り下げてしまうと、その件は無かったことになり、もう二度と刑事罰を科すことができません。あなたの心身が壊れる前に、逃げてください」と呼びかけた。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

DVをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ