高嶋ちさ子、山田涼介主演『もみ消して冬』OPテーマに参加

1月10日(水)10時0分 オリコン

日本テレビ土曜ドラマ『もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~』のサウンドトラックに参加した高嶋ちさ子

写真を拡大

 ヴァイオリニストの高嶋ちさ子が、13日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』(毎週土曜 後10:00)のオープニングテーマ曲に参加していることが、わかった。楽曲タイトルは、「もみ消して冬〜24のカプリス feat.高嶋ちさ子」。イタリアの作曲家ニコロ・パガニーニの「24のカプリス」という作品をモチーフに、作曲家の得田真裕氏がアレンジを加え、怪しく美しいスイングで物語を彩る。

 同ドラマは主演のHey! Say! JUMP・山田涼介、共演の波瑠小澤征悦が演じるエリート3兄弟が、家族にふりかかるトラブルを全力で解決する『どコメディ』ホームドラマ。先日、行われたサウンドトラックの収録にも加わった高嶋は、技巧派ヴァイオリニストとしても名高いパガニーニの作品と向き合い、収録現場では「もう髪の毛一本分低く…」などプロフェッショナルな仕事ぶりで楽曲を完成させた。

 数時間の集中したレコーディングを終えて、高嶋は「今まであまりこういうお仕事をさせて頂く機会がなかったので、すごくうれしかったです。おどろおどろしい、怪しいスイングみたいな感じの曲で、普段私が弾くような曲ではなかったのですが、だんだん練習していくうちに楽しくなってきて、良いレコーディングになりました」と満足げ。

 「私が弾くヴァイオリンの音がドラマのどんなところで使われるのか、私も非常に楽しみなので、皆さんも是非、放送を見てチェックしてみてください」とアピールした。

 なお、同曲を含むドラマのサウンドトラックは、3月14日に発売される。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

高嶋ちさ子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ