錦戸亮は「受ければ受けるほど輝くスター」 吉田大八監督が語る俳優としての魅力

1月10日(水)15時0分 オリコン

映画『羊の木』は2月3日公開 (C) 2018『羊の木』製作委員会(C)山上たつひこ、いがらしみきお/講談社

写真を拡大

 人気グループ・関ジャニ∞錦戸亮が主演する映画『羊の木』(2月3日公開)。『桐島、部活やめるってよ』、『紙の月』などで知られ、同作のメガホンをとった吉田大八監督は、以前より「ある種の不思議な力を感じていた」という錦戸の俳優としての魅力を語った。

 同作は、山上たつひこ氏原作・いがらしみきお氏作画の同名漫画を実写化。さびれた港町を舞台に、国家の極秘プロジェクトとして殺人を犯した元受刑者である男女6人を受け入れたことをきっかけに、町の日常が変化していく様が描かれる。

 主人公は、思いがけず元受刑者の受け入れ担当者になってしまった、どこにでもいそうな“普通”の気のいい市役所職員・月末。吉田監督は「実際に演じるのはかなり難しい役。彼自身の個性より、むしろ強烈すぎるキャラクターたちに囲まれ、最初から最後までいかに翻弄され続けるか、が見せ場になる役どころ」と説明し、「逆に言うと物語の軸となる普通っぽさがブレないからこそ、観客は初めて『羊の木』という奇妙な物語に入り込める」と、“普通”からこそ、主人公としての存在意義があることを明かした。

 そんな難役である月末を錦戸が演じ、木村文乃が扮する月末が想いを寄せる同級生や、松田龍平北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯が扮する個性的な元殺人犯たちの間での戸惑いや揺れを表現している。

 錦戸の映画出演本数は今回で6作目と多くはないものの、ドラマでは数々の作品に出演し、絶妙な存在感を放ってきた。吉田監督も錦戸の出演作を何本か見た際に、「錦戸さんにはある種の不思議な力を感じていました。日常と地続きのまま、この強烈な世界観をしっかり支えられる“非凡な凡庸さ”、とでも言えばいいでしょうか」と評価。「実際、カメラを通してその事を日々痛感しました。全編ひたすら“受け”の芝居なのに、結果的には錦戸さん演じる月末から目を離せなくなるんです。もちろん個々の場面によって、月末が抱いている感情の揺れもリアルに伝わってくる」と述懐し、「でも、あれだけ存在感のある役者たちがそろった中で、ひたすら翻弄される主役を見ていたいと思わせる力は、やっぱり天性のものだと思います。受ければ受けるほど輝くスターというか(笑)」と絶賛した。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

錦戸亮をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ