ふぉ〜ゆ〜辰巳雄大、初単独主演舞台に「願いは叶う」 KinKiからのお年玉事情も明かす

1月10日(水)16時6分 オリコン

ふぉ~ゆ~の辰巳雄大と舞台『ぼくの友達』で共演する(左から)香寿たつき、田中健 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 人気グループ・ふぉ〜ゆ〜の辰巳雄大が10日、東京・渋谷のDDD青山クロスシアターで初の単独主演舞台『ぼくの友達』の公開舞台けいこに参加。今年のお正月のKinKi Kidsからのお年玉事情を明かした。

 同作が初単独主演舞台の辰巳は「突っ走って行きたい!」と意気込み。香寿たつき、田中健というベテランが脇を固める3人舞台で「初主演が3人芝居。僕が願っていたものが一気に来た。願いは叶うんだな」と感慨深げに語っていた。

 ふぉ〜ゆ〜の松崎祐介も公開舞台けいこに訪れていたことを明かし、「お前の顔見たら、もう泣いちゃうわ」と大号泣していたという。最後は「ぼくの友達だよ、お前は」と言って帰っていたそうだが、辰巳は「うまいこと作品にかけて言ってくれたんですけど、しっくり来なかった。僕は家族だと思っていたのに…。新年早々、初スベリをしてました」と話し、笑わせていた。

 また、今年の年越しはKinKi Kidsのコンサートのため、大阪で過ごした。毎年、東京ドームで行われているカウントダウンライブに出演し、12月31日は何十曲ものダンスを覚えるために練習ばかりだったというが、今年は「格闘技やお笑いの番組を見ていた。こんなゆったりしたの初めてだねって(ふぉ〜ゆ〜で)言ってた。(堂本)剛くんの楽屋に遊びに行ったり、(堂本)光一くんとお話したり、優雅な時間を過ごしました」とにっこり。

 KinKi Kidsの2人からはお年玉をもらったという。「毎年、いただいてます。剛くんはお年玉のぽち袋を紙できれいに洋服のかたちに包んだもので渡してくださる。光一くんはポッケからお札で。『松崎いないならいいわ』って帰りました。でも、ピン札でした。かっこいいですよ」と対照的な2人のお年玉秘話を語っていた。

 舞台は謎の青年・トニーを辰巳が、怒れるマフィア・フランキーを田中が、フランキーの妻・シャロンを香寿が演じる。きょう10日から2月4日まで同所で上演される。

オリコン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

舞台をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ