国宝の名刀“へし切長谷部”が、女審神者に媚びて「おまたせ」!? 刀見たさの大行列に歴史好き男性は疑いの目!!

1月10日(日)16時0分 おたぽる

『福岡市博物館』公式Twitter(@fukuokaC_museum)より。

写真を拡大

 DMMゲームスとニトロプラスが共同制作したブラウザゲーム『刀剣乱舞 -ONLINE-』の登場により、15年の話題をさらった“刀剣女子”……ではなく、“女審神者(おんなさにわ)”。16年に突入しても、その勢いは続いているようだ。1月5日から、福岡市博物館で国宝“圧切長谷部(へしきりはせべ)”の期間限定展示が開始され、行列ができるほど賑わったという。しかし、歴史・刀剣好きの男性は、いまだ「一過性のもの」と彼女たちを懐疑的な目で見てやまない。

 福岡市博物館に常設されている、教科書にも載る国宝・金印や、天下三名槍と呼ばれた日本号をはじめとした、福岡藩主・黒田家に伝来した黒田家資料。それらは「黒田記念室」で見ることができ、同室の「黒田家名宝展示」では、これまでに数々のお宝が展示されてきた。あるときは、黒田長政所用の刀・大仙兼元、またあるときは、6代藩主・黒田継高の自筆和歌。どれも歴史好きには、たまらない一品だ。

 その「黒田家名宝展示」で5日より展示されているのが、へし切長谷部。作者は刀工集団・長谷部一派の始祖である長谷部国重で、愛用者はあの織田信長だ。長さ64.8cm/反り0.9 cmのこの刀は、徳川吉宗に提出された「享保名物帳」(刀のリスト)にも掲載される長谷部派の唯一の作品で、有銘無銘を通じ比肩すべきもののない傑作とされている。ちなみに“へし切”の由来は、信長が観内という茶坊主を成敗する際、台所の棚膳の下に隠れた観内を棚ごと“圧し切り”(刀身を押し当て切る)したことから。なお、『刀剣乱舞 -ONLINE-』では、新垣樽助が声を担当している。

 そんな名刀・へし切長谷部が展示されるのは、1月31日までという1カ月に満たない短い期間。次いつお目にかかれるのかもわからないとなれば、女審神者も急ぎ足というわけだ。福岡市博物館公式Twitter(@fukuokaC_museum)によると、初日を迎えた5日は、2〜300人が行列を作り、待ち時間も1〜2時間という大盛況っぷり。ツイートにアップされた写真も、見事に女性ばかりとなっている。

 この光景に、歴史や刀が好きな男性からは「歴女ブームって本当だったんだな」「どういうきっかけで、女がこんなもの見に行くんだ?」「最近、女というのものが、まるでわからなくなってきた」「女って暇なんだな」といった声のほか、「どうせ、すぐに飽きるんだろ?」「つうか、すでに下火」「今のブームを支えてるのは、ガチな娘じゃなくてにわかのほう」など、疑うような声が上がった。

 また、ポスターのへし切長谷部が、なぜかふきだしで「おまたせ」と言っていることも「何が『おまたせ』だよ。威厳もへったくれもないな」「『おまたせ』ってなんだよ!また電通のクソデザイナーの仕事か」「媚びておますな」と、お気に召さないようだ。

 ただ、「これで博物館にお金が行くならいいんじゃない?」「難しいところだけど、人気が継続するといいな」「知り合いは、ずっと前からの歴史好きな女だが、ほかにも言わないだけでわりといる。ブーム関係なく一定数はいるはず」「媚びてるのは気に入らないけど、刀は美しいものだ」といったように、女性が刀にハマることに肯定的な声も見られる。

 実際、へし切長谷部を見てきたと思われる女審神者からは、「長谷部の囲み撮影会が始まってる!」「長谷部も日本号も素敵でした」「長谷部どこから見ても格好良すぎて震える。そりゃあ、主たちの機動も上がるはずですよ」「長谷部良かった。本当に良かった。来れて良かった。福岡市博物館さまありがとう」など、刀に魅了されているようだ。

 中には、「友達同士とかで来てさコソコソ喋ったり、ヒールでコツコツ足音鳴らすのはいただけないよね!『うっせー黙れクソが!』ってなるよね!」と、押しかけた女審神者に怒りを示す人もいるが、足を運んだ1/10……いや、1/100でも、5年10年後も刀を好きでいてくれる女審神者が現れることを、本当はああだこうだ言う男性も願っているのかもしれない。

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

国宝をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ