BABYMETAL、三吉彩花……さくら学院卒業生の勢いが止まらない! 松井愛莉にはゴリ押し批判の声?

1月10日(日)9時0分 おたぽる

「さくら学院」公式サイトより。

写真を拡大

 1日、アイドルユニット・さくら学院の公式ホームページに、磯野莉音、大賀咲希、白井沙樹の3名の卒業公演が3月27日に神奈川県民ホールにて開催されることが決定した旨が発表され、ファンからは「絶対に足を運ぶ!」「卒業しても応援するよ」など、卒業生へのエールの声が殺到している。

「さくら学院は、大手芸能事務所アミューズのキッズ事業室から選抜された女子小中学生10名で2010年に結成された、学校生活とクラブ活動をテーマにした女性アイドルグループ。『アイドルを超えた、スーパーレディーになる』という“校則”どおり、卒業生には、今やアイドルの枠を超えて世界中に活躍の場を広めているBABYMETALや、専属モデルを務めるファッション雑誌『Seventeen』(集英社)でトップクラスの人気を誇り、去年はドラマ『エンジェル・ハート』(日本テレビ系)に出演し注目を集めた三吉彩花、『ゼクシィ』の6代目CMガールとして注目を集め、現在はファッション雑誌『Ray』(主婦の友社)の専属モデルを務めている松井愛莉などといった、勢いに乗るメンバーが名前を連ね、ネット上でも『さくら学院はスター候補生の宝庫』『素晴らしい育成システム。他の事務所も見習うべき』など、アミューズの運営に称賛の声が上がっているようです」(芸能事務所関係者)

 その一方で、松井に関しては、「確かに可愛いけど、口がちょっと怖い」「好みが別れるタイプ。事務所のゴリ押し感が否めない」など、否定的な声も上がっている。

「松井は、170cmの長身で股下87cmという抜群のスタイルを誇り、専属モデルになった月に表紙を飾るという『Ray』史上初の快挙を成し遂げるなど、モデルとしては申し分がないのですが、演技に関しては『スタイルいいのに、宝の持ち腐れ』『台本読み込んでいるとは思えない。まさに棒演技』と評判が芳しくなく、その割に去年はドラマ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(フジテレビ系)や映画『ビリギャル』などといった話題作への出演が続いたことから、ゴリ押し批判が相次いでいるようです。また、お天気キャスターを務めている『Going!Sports&News』(日本テレビ系)に関しても、『滑舌が悪すぎる』と批判の声が上がっているようです」(同)

 松井は、さくら学院在籍時に、他のメンバーから「鬼ごっこなどで遊ぶとき、小学生のメンバーにも遠慮せず、なかなか負けてくれない」と指摘されるほどの負けず嫌いな性格のため、「その負けず嫌いな性格を女優業でも発揮すればブレーク間違いなし」とファンからは励ましの声が上がっているようだ。

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

松井愛莉をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ