沖縄出身仮面ライダー・西銘駿 東京の電車で勝負できない

1月10日(日)7時0分 NEWSポストセブン

仮面ライダーの大役を射止めた17才の西銘駿

写真を拡大

 ジュノンスーパーボーイコンテストでグランプリを受賞後、数か月で仮面ライダーの大役を射止めたシンデレラボーイは、仮面ライダー史上最年少タイの17才! 映画『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス』では天空寺タケル役で主演する西銘駿(17才)。


「ぼくはゆったりしている性格なので、友達からはライダーを演じているのを見ると違和感があるって言われます」(西銘・以下「」内同)


 仙人役の竹中直人(59)が相変わらずはじけている。


「アドリブで急に、“ラーメンが食べたいの”って言われたときは、さすがにびっくりしました。絶対採用されないだろうなって思ってオンエアを見たら、採用されてた(笑い)。いつか竹中さんより面白い返しができるようになりたいです」


 上京して2年、まだまだ東京に慣れないなと思うのはどんな時?


「完璧に電車です。品川とか新宿とかでっかい駅って全然わからなくなっちゃう。それに人がたくさん電車に乗っていくじゃないですか。そこで勝負ができないんですよ。逆に仮面ライダーが人の群れで勝負していいのかって思っちゃいます(笑い)」


【プロフィール】

西銘駿(にしめ・しゅん)1998年2月20日生まれ、沖縄県出身、身長173cm、O型。2014年ジュノンスーパーボーイコンテストでグランプリ受賞、主演を務める映画『仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス』が全国公開中。


撮影■TOMO


※女性セブン2016年1月21日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

電車をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ