ソンジェ 初めてのホスト役を前に、自身の「鉄板の口説き文句」を披露

1月10日(木)20時0分 週刊女性PRIME

ソンジェ(SUPERNOVA) 撮影/廣瀬靖士

写真を拡大



■“口説きタイム”は心配事ではあります



 公演総動員数7万人を超える『私のホストちゃん』シリーズ第6弾となる舞台『私のホストちゃん THE PREMIUM』が2月1日から上演される。主演は男性ボーカルグループ「超新星」改め“SUPERNOVA”のメンバーとして日韓で活躍するソンジェさん。

 日本の舞台は初出演だが韓国ミュージカルに出演し高い評価を得ている実力派。どんなホストちゃんが誕生するのか期待が高まる。

「外国人である自分の日本語での演技が、どこまでみなさまに受け入れていただけるのかという心配もありますし、出演を決めるまでには少し悩みました。ただホストの世界という題材にとても興味が湧きましたし、伝統のある舞台ということでチャレンジしてみようと思いました。

 2019年はSUPERNOVAの日本デビュー10周年の節目の年でもありますし、またこの作品が自分にとっての10番目の舞台作品で、さらに初めての日本の舞台ということで運命を感じたということもありますね。まだ心配事はたくさんあるんですけど、今は楽しみでワクワクする気持ちです」

 ソンジェさんが演じるのはホスト・心星(しんせい)。役作りで考えていることは?

「まずは、超新星ではないですけど心星という名前になってとてもうれしく思ってます(笑)。稽古に入ってみないとわかりませんけど、もし自分がホストになったらという感じで僕らしさを存分に出していきたいなと思います。

 また、実際にホストの人に会ってみるとかホストクラブに行ってみるとか少し体験をして、どうすれば人気が出るのかというのも研究していきたいなと思っています。経験してみることがいちばん大きな勉強になると思っているので、自分の目で彼らが店でどういう行動をしているのかを見たいです」

 舞台『私のホストちゃん』シリーズの名物シーンといえば、実際に観客をアドリブで口説く“口説きタイム”だが。

「やはり“口説きタイム”はちょっと心配事ではあるんですけど(笑)。それも今から勉強しつつ、どうすればお客様が満足してお帰りになるかっていうことを研究していきたいと思います。みなさまがわかるような日本の有名なドラマや映画のセリフをちょっと借りるかもしれないし、公演の回数が多いのでいろいろ工夫していきたいと思ってます」

 鉄板の口説き文句は?

「あなたが好き(笑)。僕はわりとダイレクトでストレートな性格なので、もうシンプルに“あなたが好きだよ”って言います」

 この口説き文句でソンジェさんのナンバーワンは確実そう。現実のホストクラブ同様、“指名制”や“ランキングシステム”を導入し、観客から貢がれたラブ(ポイント)により、ホストのランキングが日々変動し、その結果によりフィナーレの内容が変わるのも見どころ。観客参加型の公演なのも人気の秘密だ。

「お客様がとても楽しく参加できるシステムだと思います。ただそのぶん緊張もありますし、僕にとっては毎回難しい公演になるんじゃないかと思います。歌とダンスと、あとは愛嬌で(笑)、今までよりさらにカッコよくステージに上がりたいと思っています。みなさまに好かれるように頑張ります(笑)」



■記憶や心に残るステージを作るべき



 子どものころから俳優になりたいという希望も持っていたというソンジェさんが俳優として舞台に立つときに心がけていることは。

「歌手であれ俳優であれ、やはり記憶に残るような心に残るようなメッセージのあるステージを作るべきだと思っています。俳優としてはお客様が満足するような作品を作りたいと思っていつも舞台に立っていますし。歌手としてコンサートをするときも一緒で、僕はもちろんファンのみなさまが満足できるようなステージを作りたいと思っています。毎回せめてこの公演だけはって。

 今回の舞台『私のホストちゃん』はさらにそうしたいと思っています。内容もお客様を楽しませるというものですし、さらに満足させたい。何度でも見に来てくれるように(笑)。

 僕の仕事はファンのみなさまに楽しみや喜びを与えるような職業だと思いますし、そういう意味ではホストとの共通点は多いなと思います。なので、さらにこの舞台が楽しみで頑張っていこうという気持ちになりますね」



 SUPERNOVAのメンバーは、今作へのチャレンジを応援してくれていると同時に心配もしてくれているそう。

「今まで活動してきたなかで韓国と日本の往復はかなりの頻度でしていますが1か月以上の長期滞在というのは今回が初めてなので、そのことはみんな心配してくれてます。でも“今回の作品はあなたの成長にもつながるよね”と言ってくれてますね。

 中でも日本で長期滞在しながら舞台(ミュージカル『プリシラ』2019年3月再演)に出演した経験のあるユナクは、“大変だけど、それを乗り越えたら、すごくプラスになる仕事だと思う”と自分のことのように喜んでくれました」

 日本での滞在で楽しみにしていることは?

「稽古と公演を除いては、やはり日本の方々ともうちょっと仲よくなれるようなことをいま考えているんですね。個人的には日本語の勉強をしながら、YouTubeで日本での僕の生活を発信できるように準備しています。ファンのみなさまと共有しながら楽しんでいきたいと思ってます」

 最後にファンと読者へ意気込みとメッセージを。

「足りない部分もたくさんあると思いますけれども、僕の持っているすべての力を出すので、みなさまの温かい応援と励ましとでまたいろいろなことを教えていただければと思います。僕も勉強して学んでいくような思いで頑張ります」


舞台『私のホストちゃん THE PREMIUM』

人気モバイルゲームからテレビドラマ化を経て、2013年にスタートした舞台版シリーズの第6弾。ホストのきらびやかで厳しい世界をコメディー・タッチで描き、歌とダンス、実際に観客をアドリブで口説く“口説きタイム”などの演出を織り交ぜたライブ・エンターテイメント。



東京公演:2月1日〜24日@オルタナティブシアター

名古屋公演:3月2日〜3日@ウインクあいち 大ホール

大阪公演:3月8日〜10日@松下IMPホール

【公式HP】http://www.hostchan.jp/


<プロフィール>

そんじぇ◎1986年11月17日、韓国・ソウル出身。2007年、男性ダンスボーカルグループ「超新星」として韓国デビュー後、2009年に日本でCDデビュー。俳優としてもミュージカルなどで活躍。2018年、グループ名を“SUPERNOVA”に改名し4年ぶりにグループを再始動。映画『L♪DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』の挿入歌『Everytime』が3月リリース予定。

<取材・文/井ノ口裕子>

週刊女性PRIME

「ホスト」をもっと詳しく

「ホスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ