上白石萌音、故郷・鹿児島にふるさと納税を活用 地元には「毎週でも帰りたい」

1月10日(日)4時51分 しらべぇ

上白石萌音

9日放送の『人生最高レストラン』に出演した女優・上白石萌音が、ふるさと納税制度を利用し、故郷・鹿児島に寄付していることを明かした。


■故郷思い出のラーメン店

最初に上白石が紹介した店は、幼い頃から通っていたという地元のラーメン店。店主とは家族ぐるみの付き合いがあるとのことで、VTRの最後には「応援してるよ! いつでも帰ってきてね」とのメッセージが添えられる。

上白石は同店の思い出として、8歳の頃に家族でメキシコへ渡る際、日本で最後に食べたのがこの店だったと告白。このときは初めての来店だったのだが、事情を聞いた店主は、家族4人分の五目おにぎりをサービスで渡してくれたのだという。


関連記事:有吉弘行、菜々緒になりたい願望を漏らす 「憧れてるのよ」

■地元愛にスタジオ感激

これを聞いた出演者は「なんて美しいエピソード!」「それ本当の話!?」と驚愕し、MC・加藤浩次は「いい地元だねぇ」と感心。

「できることなら何回帰りたい?」と尋ねると、上白石は「もう毎週でも帰りたい」と地元愛をにじませる。

さらに、上白石が「まだなんか、出張で来てる感覚が残ってます」と述べると、加藤は「仕事場か、東京は。ふるさと納税とかしてるの?」と質問。

これに対し、上白石が「ふるさと納税は、たまにやってますね」と明かすと、その地元愛の強さに、島崎和歌子は「優しいー!」と感激していた。


■6割超の利用者が返戻品重視

故郷への強い愛着から、出身の自治体にふるさと納税していることを明かした上白石。しかし、同制度はさまざまな返戻品が醍醐味で、これによって寄付先を選んでいるという利用者も多いのでは。

ちなみに、しらべぇ編集部が、全国10〜60代男女ふるさと納税経験者279名を対象に調査したところ、全体の63.1%が「ふるさと納税は返戻品を重視して寄付先を選んでいる」と回答。やはり多くの人は、感情よりも実利で動いているようだ。

ふるさと納税は返戻品重視

加藤や島崎のように、視聴者も上白石の地元愛に好感を抱いただろう。


・合わせて読みたい→上白石萌音、ウエンツ瑛士に会いに渡英していた? 誤解招く言い方にツッコミも


(取材・文/しらべぇ編集部・玉山諒太


【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年5月17日〜2019年5月22日
対象:全国10〜60代男女ふるさと納税経験者279名(有効回答数)

しらべぇ

「ふるさと納税」をもっと詳しく

「ふるさと納税」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ