マドンナvsガイ・リッチー、親権バトルは“元夫妻の不仲”が引き金か

1月10日(日)12時15分 Techinsight

マドンナ、元夫とは完全に決裂か(出典:https://www.instagram.com/madonna)

写真を拡大


マドンナの息子ロッコ君が、マドンナの元夫ガイ・リッチー監督の元に身を寄せたままアメリカへの帰国を拒んでいる。「父と暮らしたい」という息子の奪還に向け闘う意向のマドンナが、ロッコ君と長女ローデスさん、また養子2人と撮影した家族写真を公開し苦い心境を書き込んだ。

このほど、マドンナがこちらの写真をインスタグラムにアップ。そこにシングルマザーとしての思いをこう綴った。

「芸能人でありながら、良き母でもある。それって可能だわ。」
「多くの人が強く独立したシングルマザーを励ましてくれる、そんな社会でないことを残念に思うわ。」

そのマドンナは、元夫ガイ・リッチーの元に行ったまま帰国を拒否している15歳のロッコ君に悩み中。リッチー監督はロッコ君の親権を巡りマドンナと徹底抗戦する構えで、ロッコ君に帰国を促すどころか、仲良くロンドン市内でサイクリングする姿をパパラッチに激写・公開されたばかりだ。

ちなみに元夫妻の関係は悪く、もはや“ロッコ君奪還”が目的の親権闘争から“マドンナvsリッチー監督の喧嘩”に近い状況とのこと。互いに「負けたくない」気持ちが大きいというが、肝心のロッコ君は支配的な母に比べて甘い父、父が再婚した妻、また夫妻がもうけた3人の幼い子供達と、気楽な日々を過ごしているらしい。

出典:https://www.instagram.com/madonna
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マドンナをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ