中居正広、『すべらない話』MVSに感慨「ごきげんよう大賞以来!」

1月10日(日)14時25分 Techinsight

中居正広とバトルを見せたウーマン村本

写真を拡大


SMAPの中居正広が初参戦したバラエティ特番『人志松本のすべらない話』でMVS(Most Valuable すべらない)に選ばれた。お笑い芸人たちとエピソードトークを繰り広げながら、最もすべらないと評価された彼は「申し訳ない」と恐縮する。しかし、ウーマンラッシュアワー・村本大輔からの一言で顔色が変わった。

昨年1月に放送された『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)は、10周年記念ということもあってスペシャルゲストにSMAPの稲垣吾郎と香取慎吾を迎えた。2016年1月9日の第29回目には、そのSMAPのリーダー・中居正広がスペシャルゲストとなった。彼が登場する前に松本人志は楽屋で会った印象を「いたって落ち着いています、いい根性してますよね。心臓に毛が生えてるのでは」と感心しきりだ。

「アイドルを超越したスーパーマルチプレイヤー!」と紹介されて芸人達と同じテーブルについた中居正広。冒頭から村本大輔(ウーマンラッシュアワー)との不協和音を響かせた。村本は「オーラが違いすぎて中居正広さんの番組に僕らが出ているようだ」とおだてるが、中居は「村本、なんか俺のこと嫌いだって?」「俺は村本が好きだけど、お前は俺のこと嫌いみたいで、全然それでけっこうです」と気色ばむ。「ネットニュースに書かれただけで、そういうことは一言も言ってない」と言い訳する村本だが、松本人志に「何番目に嫌いなん?」と振られて「8番目ぐらいかも」と答え、中居を固まらせた。

『SMAP×SMAP』をはじめ数々のバラエティ番組をこなしMCとしても活躍する中居正広だけに、しゃべりも身振り手振りをまじえて芸人顔負けの上手さを見せる。以前と現在のマネージャーにまつわるエピソードを2つ、そしてジャニー喜多川社長の誕生日で近藤真彦に頭を下げまくった件の3話を披露。その「ジャニーさんの誕生日会の話」がMVSに選ばれたのだ。MVSは最もすべらなかった話を主催者の松本人志が選出するもので、彼は「会議室で挙手でやったら6票とった」と補足しており宮川大輔と接戦だったらしい。

中居正広はトロフィーと副賞を贈られながら「こんなことあるんだ! こんなものはごきげんよう大賞以来!」と喜びつつも「申し訳ないですなんか、申し訳ない」「こんな機会ないですし、大輔がもらうかなと思った」「これは、ホントに飾らせていただきますよ」と芸人達を気づかいながらコメントしていた。

そんな彼に、またしてもウーマン村本が「また遊びに来てね!」と声を掛ける。「おまえ俺のこと嫌いなんだろ? 俺、絶対忘れねえからな!」と受けて立つ中居。「今日は先輩がいるからあんまり言わないけど次、違う番組で会ったらこてんぱんにしてやるからな!」と言い放つと、芸人達も大爆笑で宮川大輔などはスタンディングオベーション状態。実はこの日一番の大ウケだったかもしれない。

ちなみに、ウーマン村本は『村本大輔(ウーマンラッシュアワー)(WRHMURAMOTO)ツイッター』でフォロワーから「中居さんとの件、面白かったです笑。本当に仲悪いみたいでした笑」と触れられて、「終わりで中居さんがこのやりとりおもしろいな。またやろうぜ。と言ってくれました」と明かしている。

中居正広は1994年に『ライオンのごきげんよう』に出演して、上半期の『ごきげんよう大賞』に選ばれている。すでにMCを目指していた彼はその頃からトークが上手かったが、今回のMVSは一流になった証と言えそうだ。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

すべらない話をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ