ふぉ〜ゆ〜辰巳雄大、三谷幸喜に大河ドラマ出演を売り込み 「大河に呼ばれるように気合が入っている」

1月10日(金)15時9分 エンタメOVO

(前列左から)小林麻耶、辰巳雄大、佐藤B作

写真を拡大

 舞台「罪のない嘘」〜毎日がエイプリルフール〜の囲み取材と公開舞台稽古が9日、東京都内で行われ、出演者の佐藤B作、辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)、小林麻耶、菅原りこほかが登壇した。

 本作は、1996年に三谷幸喜氏が「劇団東京ヴォードヴィルショー」のために書き下ろしたシチュエーションコメディーで、9年半ぶりの上演となる。

 同劇団を主宰する佐藤は、初日を迎え「笑いが起きなきゃ成立しないお芝居なので、にぎやかな劇場になると思います」とあいさつした。

 辰巳は「胸を借りて思いっ切り飛び込み、脚本の力と役者さんの力を信じて、本番を思いっきり楽しみたい」と意気込みを語った。

 ふぉ〜ゆ〜としての活動が忙しい辰巳は、佐藤から「ほとんど稽古に来ていない。よくここに立っていられるな」と突っ込まれ、たじたじとなりながらも「でも、せりふはバッチリです!」と力強くコメントした。

 さらに、辰巳は、2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の脚本を担当することになった三谷氏に向かって、「大河に呼ばれるように気合が入っています。三谷さん、よろしくお願いいたします」と呼び掛けた。

 辰巳の母親を演じる小林は、本作が初舞台。記者から「見た目はお姉さんですね」と言われると、「まだ稽古が足りないですかね」と笑顔を浮かべた。

 昨年、NGT48を卒業した菅原は「アイドルとしてずっと活動していたので、お芝居という形で舞台に関われたことが新鮮でした。大人になった私をもっと皆さまに見ていただきたいです」と意気込みを語り、アイドルへの未練については「もうやりきりました!という気持ちです」と明かした。

 舞台は19日まで都内・ヒューリックホール東京ほかで上演。

エンタメOVO

「ふぉ~ゆ~」をもっと詳しく

「ふぉ~ゆ~」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ