「スキーCM俳優」加藤晴彦が干されたのは福山雅治を守るためだった!?

1月11日(月)9時58分 アサ芸プラス

 冬の定番CMといえば、広瀬香美の歌声をバックに男女がハートに恋の炎を点ける、あの姿を思い浮かべる人も少なくないだろう。そして、そのCMで長らく主演を務めていたのが俳優の加藤晴彦だ。

 かつては民放キー局でドラマの主演に抜擢されたり、人気バラエティ番組でMCを務めたりと活躍していた加藤。09年からは福山雅治と同じ大手芸能事務所アミューズに所属していたが、いつの間にか契約は終了。現在は別の事務所に所属し、主に加藤の地元である名古屋で活動しているという。この現状について、

「干されたと言っていいでしょうね」

 とバッサリ言い切るのが、さる芸能事務所の関係者だ。

「加藤は福山と同じマンションに住んでいたことから交流があり、そんな縁から福山と同じ事務所に所属することになりました。2人は『一生独身貴族を貫く』との誓いを交わし、老後は一緒に家を買って住むとまで言っていたほど仲がよかった。加藤は福山に女性を紹介することが多かったのですが、福山が女性関係で噂になると『あの子はオレが紹介した』などと吹聴もしていました。それが何度も事務所の耳に入り、福山を守るために事務所が加藤を遠ざけたのではと言われています」

 女よりも“悪い虫”と判断された加藤。いつの日か、名古屋から中央復帰は果たせるのか。

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

俳優をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ