虫嫌いの松本潤にカマキリ姿で説教した香川照之の「本気」!

1月11日(木)9時58分 アサ芸プラス

 やはり芸能界イチの虫好き俳優であることが証明された瞬間だった。1月4日に放送された「櫻井・有吉THE 夜会 2時間SP」(TBS系)に俳優の香川照之が出演。みずからの冠番組「香川照之の昆虫すごいぜ!」(NHK・Eテレ)で着用しているカマキリの着ぐるみ姿で登場し、虫嫌いだという嵐・松本潤に、虫の素晴らしさを語り聞かせたのだ。

「今回香川が同番組にやってきたのは、松本とともに出演している同系ドラマ『99.9─刑事専門弁護士─ SEASONII』の番宣のため。ですが、松本が大の虫嫌いであることから、あえてカマキリの着ぐるみ姿でやってきて、その虫嫌いを正そうと熱弁していました」(芸能ライター)

 香川の虫好きは有名である。そもそも彼がEテレで虫番組を持ったのも、この番組でEテレで番組をやらせてほしいと語ったのを偶然Eテレのプロデューサーが見ていたのがきっかけ。去年10月の初回放送以来、順調にオンエアを重ねて今年1月1日で5回を数えた。

「ある回では時速70キロで飛ぶギンヤンマを体感するため、バレーボールマシンから飛ばされる同じスピードのバレーボールを受け止めていました。さらにそのギンヤンマの急旋回を体験するためにスタントカーに乗り、同じようにスピンを味わうなど、体を張った授業も好評です。虫が卵から幼虫、そしてさなぎ、成虫へと態を変えることを“変態”といいますが、香川は、現在ブレーク中の加藤一二三・九段を例に挙げて解説していました」(前出・芸能ライター)

 そんな虫への愛が強い香川にとって、虫が嫌いな松本はどうしても許せなかったようだ。蛾がまき散らす鱗粉がダメで、撮影中に部屋に入ってきた蛾を自分では外に出すことができず、木村文乃に任せたり、カマキリも持てない松本に、説教を始めたのである。

「そもそも松本が虫嫌いになったのも、虫取りに出かけた時に刺され、以来虫を触ろうとしても“かゆみ”が出るようになったことが原因のようです。でも香川は、『それは人間としての思い上がりなんだよ!昆虫は小さくて偉くない、人間が偉いという思い上がりからくる“かゆみ”なんだ』と激高。さらに『昆虫は何億年も前にこの地球を一回支配して、我々の婚姻関係とか社会性はすべて、すでに昆虫がやっている。だからご先祖様みたいなもんなんだよ。噛まれたらありがたいんだ』と説教していました」(前出・芸能ライター)

 松本は、「正月早々怒られるんだ…」と苦笑いしていたが、いずれにしても香川の虫への愛は本物のようだ。

(魚住新司)

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

香川照之をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ