ビートたけしの名言集「紅白出場決定後の笑いが絶えない楽屋!」

1月11日(土)17時57分 アサ芸プラス

「殿、紅白出場、おめでとうございます」

「おう! なんだ、みんな笑ってるか?」

「いえいえ、生で『浅草キッド』が聴けるので、ファンは大喜びですよ」

「へ〜、そうか。ネットなんかのニュースになってんの?」

「はい、〈大型新人歌手・ビートたけし紅白参戦!〉って、どっかが書いてました」

「なんだ、それ。だけど、あれだな。次の俺のライブ(現在、殿が年2回程のペースで開催している単独ライブのこと)はよ、『紅白出場歌手につき、チケット単価を上げさせていただきます』ってやって、プラス200円上乗せするか!」

 12月21日、「ビートたけし紅白出場」が発表された2日後、TBSの楽屋にて、殿と冒頭の雑談を交わしました。ちなみにこの原稿は、年末進行の諸事情により、その翌日の12月22日に書いているわけで、かなりタイムラグがあることをあらかじめご了承ください。

 で、この日の楽屋は紅白出場話に花が咲き、いつも以上に笑いが絶えなかったのですが、それだけで終わらないのが殿の楽屋です。この日、弟子のお宮の松が年末のあいさつに訪れ、殿に諸々と自身の近況報告をしていたのですが、そのやりとりが、これまた実にくだらないものでした。

お宮 殿、今年もお世話になりました。

殿 また、お前は怪しいな。

お宮 いえいえ。殿、そういえば無事に5人目の子供が生まれまして、とりあえず母子ともに元気です(お宮さんは、12月の頭に5人目のお子さんを授かったばかりです。ちなみにその5人の内訳は、男子4人と末っ子の女子1人)。

殿 また生まれたのか? お前はハツカネズミか! しかし、お前もよくやるな〜。

お宮 ありがとうございます。

 で、そんなやりとりの後、お宮さんがおもむろに切り出しました。

「殿、そういえば、僕の知り合いの社長が今、フィリピンで車エビの養殖をやってるんですけど、もしあれでしたら、殿にエビを送りたいそうなので、いかがですか?」

「お前、フィリピンでエビの養殖って、それ、誰がどう見ても怪しいやつじゃねーか! いらないよ!!」

「いえいえ、ちゃんとした社長ですから大丈夫です」

「ちゃんとした社長がお前と付き合うわけないだろ! だいたい海外でエビって言った時点で、そんなもんかかわらねーよ。今時、そんなもんにホイホイ乗ってくるのは、きよしさん(相方のビートきよし師匠はかつて、KKC、オレンジ共済、黒毛和牛と、怪しいやつ全てにかかわっていた方)ぐらいだぞ」

 その後も、お宮さんが持ちかけた話題に対し、殿は全て否定し、ツッコんでいました。しかし、こういった感じで殿に元気にふるまっていただくと、楽屋中が幸せオーラに包まれ、今年も無事、殿の近くにいられた幸せを年の瀬に再確認しては、ニンマリするわたくしなのです。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集〜あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

アサ芸プラス

「紅白」をもっと詳しく

「紅白」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ