フジ秋元優里アナ“竹林不貞”に「見た目と行動が一致する」の声

1月11日(木)10時15分 アサジョ

「まだやってたの?」「竹林密会www」「もうアナウンサーはできないと思う」など、新年早々フジテレビの秋元優里アナを直撃した「文春砲」が話題になっている。

「メインキャスターを務める『BSフジLIVE プライムニュース』を休んでいたことで体調を崩したのかと思いきや、まさかの砲撃でしたね。同番組の妻子ある40代プロデューサーと人目を避けるように、横浜市郊外の田園地帯の“竹林”や“小屋”で密会とは恐れ入ります。12年にフジの後輩であるイケメンアナの生田竜聖アナと結婚して1女をもうけたものの、16年にはやはり彼女の不貞疑惑が浮上。当時、本人はやましいことはないと否定しつつも、別居報道は認めていました。それが今も続いていて、計画的な密会に発展していたとすれば驚き。今後、おそらく報道番組での復帰は難しいでしょうし、子どもために離婚しなかった生田アナも決断する時がくるでしょう」(女性誌記者)

 世間では16年の騒動ですでに秋元の魔性ぶりを感じていただけに、「まだ離婚してなかったの?」「あれから生田アナに覇気がなくて可哀相だった」など、生田アナへの同情があふれんばかり。一方で、秋元アナのイメージ通りの行動に納得する不謹慎な声もある。

「秋元アナはもともと週刊誌の“抱きたい女子アナ”でも常に上位で、おじさんウケする下膨れのルックスと、豊かなボディラインで中高年男性に圧倒的人気がありました。ですから今回の密会報道にも『見た目とやってることが一致する』『野外で水着も撮れない時代に竹林密会と聞いて超ムラムラした』『不貞は女優より女子アナのほうがリアル』などと、ネットでは秋元の魔性ぶりに男性ファンの過激な声援が飛んでいるのです」(週刊誌記者)

 そうはいっても不貞続行が事実なら、妻に再び裏切られた生田アナや長女は本当に気の毒。この後始末はどうつけるのだろうか?

(山田ここ)

アサジョ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

フジをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ