セレブ集結の一大イベントに初密着!『メットガラ ドレスをまとった美術館』公開決定

1月11日(水)12時5分 シネマカフェ

『メットガラ ドレスをまとった美術館』 (C)2016 MB Productions, LLC 

写真を拡大

ニューヨークのメトロポリタン美術館を舞台に、『プラダを着た悪魔』でメリル・ストリープが演じた“鬼編集長”のモデルとしても知られるアナ・ウィンターが仕掛けるファッション界最大のイベント、「メットガラ」。その裏側に初めて迫ったドキュメンタリー『The First Monday in May』が『メットガラ ドレスをまとった美術館』として4月15日(土)より公開されることが決まった。

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館。伝説のファッション・イベント「メットガラ」が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナや、ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイといったアカデミー賞俳優ら豪華セレブリティたち。彼らは一流メゾンの鮮やかなオートクチュールをまとい、レッドカーペットを闊歩する——。

「メットガラ」はメトロポリタン美術館、METにて開催される、セレブやファッション業界人が一堂に会する一大イベント。本作では、企画展示を担当した革新的キュレーターのアンドリュー・ボルトンと、共同主催するアナ・ウィンターに密着。ゴージャスな一夜を生み出すための8か月を“初めて”カメラで捉え、ドラマチックに映し出す。もちろん、ジャン=ポール・ゴルチエ、ジョン・ガリアーノ、カール・ラガーフェルドら、名だたるファッション界の重鎮たちも顔を揃える。

その舞台となった 2015年のテーマは 「China: Through the Looking Glass」。中国の服飾や陶器はもちろん、トム・フォードからクリスチャン・ディオールまで、欧米のデザイナーが中国のアートに刺激を受けてデザインしたドレスも展示。また、本展示のアーティスティック・ディレクターは『ブエノスアイレス』『花様年華』の映画監督ウォン・カーウァイが務めている。

今回、公開決定に合わせてリアーナがまとった絢爛のドレスと、アナ・ウインター&アンドリュー・ボルトンの2ショット写真が到着。「ファッションは夢を、そしてファンジーを創り出す劇場のようなもの」と語るアナ。彼女が仕掛ける豪華セレブリティが彩るファッション界最大のイベントの裏側を楽しみにしていて。

『メットガラ ドレスをまとった美術館』は4月15日(土)より Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

美術館をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ