【アニメキャラの魅力】高貴なるブルー・プルミエ「ペリーヌ・クロステルマン」の魅力とは?『ストライクウィッチーズ』

1月11日(日)9時59分 キャラペディア

(C)2014 島田フミカネ・KADOKAWA/第501統合戦闘航空団

写真を拡大

 第二次世界大戦時の戦闘機をモデルとした飛行機械・ストライカーユニットを駆り、人類の敵・ネウロイと戦う、パンツに見えるけどパンツじゃないから恥ずかしくない少女たちを描いた『ストライクウィッチーズ』。単なる「萌えアニメ」にとどまらない熱いドラマを見せてくれました。「ペリーヌ・クロステルマン」は、この世界のフランスにあたるガリア出身のウィッチです。


【※一部、ネタバレの内容を含む可能性が御座います。ご注意下さい。】


■ノーブレスオブリージュ

 ペリーヌはガリア北東部のパ・ド・カレーを領地に持つ貴族のお姫様です。自分より後輩に当たる宮藤芳佳やアメリー・プランシャールには、多少上から目線になることもありますが、彼女にとっての「貴族らしさ」とは尊大な態度ではなく「ノーブレスオブリージュ=高貴な地位に応じた義務」を果たすことです。

 ガリアがネウロイに占領された後、ペリーヌはブリタニアにあったガリア亡命政府の自由ガリア空軍に志願します。それも貴族としての義務を果たすためでした。自らが所属する第501統合戦闘航空団の活躍によりガリアが解放された後も、ガリアの復興に尽くし、クロステルマン家の城は戦災孤児のために解放して学校にするなど、常に民に尽くすということを意識している、現実にはありえないような理想的な貴族です。

■ガリア最高のウィッチ

 ペリーヌは自由ガリア空軍に志願したものの、与えられるのは前線から遠く離れた田舎の基地の哨戒任務ばかり。そんな状況に不満を漏らしつつも、航空ウィッチとしてたゆまぬ努力を続け、ついには「ブループルミエ=青の一番」という称号を得るまでになりました。しかし、義務感が空回りして余裕がなかったペリーヌは、後方勤務で緊張をなくした基地の中では、クロステルマン家の領地の農家出身でペリーヌに憧れるアメリー以外の隊員からはうとまれるだけ・・・。

 そんなペリーヌに転機が訪れたのは、ブリタニア防衛のためのエリート部隊設立のために隊員スカウトをしていた坂本美緒大尉(当時)が基地を訪れたときでした。

■坂本少佐への密かな想い

 亡命貴族である自分に対し、ネウロイには占領されず国を保っている扶桑皇国から来た坂本は、この切迫した状況に呑気に地方の基地をめぐる人物に思えたため、ペリーヌは反発します。演習で何度も負けた後に、その精神力と技術を買われスカウトされたペリーヌは、その部隊がガリア奪還を目指すものだと聞いて設立メンバーとして参加しました。

 第501統合戦闘航空団結成後しばらく経ち、芳佳が配属されたころにはペリーヌはすっかり坂本少佐にデレていました。しかし、それは胸に秘めた想いであり、それゆえに坂本少佐にスカウトされて連れてこられた芳佳が、少佐にかわいがられているのが悔しく、芳佳に対して強い態度で接してしまったこともあります。

 それでも自分の分はわきまえていて、ネウロイとの最終決戦後空中で坂本少佐を支えていたペリーヌは、迎えに来たミーナ隊長にその役割を素直に譲っています。

■貴重なメガネ枠

 アニメ化された中で登場したペリーヌ以外のメガネのウィッチといえば、カールスラントのナイトウィッチ・ハイデマリー・W・シュナウファー、エーリカの妹のウルスラ・ハルトマンぐらい。つまりペリーヌはウィッチの中では非常に貴重なメガネキャラで、そのツンデレぶりとあいまってメガネ属性にはたまらないキャラなのです。


【原稿作成時期の都合により、内容や表現が古い場合も御座いますがご了承下さい】


★記者:玄Kuro(キャラペディア公式ライター)

(C)2014 島田フミカネ・KADOKAWA/第501統合戦闘航空団

キャラペディア

この記事が気に入ったらいいね!しよう

魅力をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ